スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汽水水槽

汽水水槽 急遽90%換水

濾過槽を見てみればヘドロで通水が止まりかけている

サブストラットプロのみの濾材だった為 ヘドロの堆積など考えても無く

濾過槽設置以来 ほとんどノーメンテだった


さっそく濾材を取りだし洗うと ドロドロのヘドロが大量にでる 

排水管に流すと詰まりそうなので庭に流す

サブストラットプロは掻き混ぜただけで簡単に汚れが落ち 作業自体は3・4回すすげば終了


茶色っぽかった水の色が クリアになった どれだけ放置していたのかな?



アカメは活き餌にしか餌付いてないので 定期的に用水路で餌の確保をする

ブツエビ シラサエビ モロコ バラタナゴがその時々で種類の変動はあれど
安定して確保可能出来る場所があるのはまだ自然が残っていたのかな?





  
スポンサーサイト

もう年末だ 

気付けばあと2週間ちょとで新年を迎える

ほぼ定期的にしているメインタンクの換水600L

生体の変動があり
メイン1500水槽


ギンガハゼ ニチリンダテハゼ ヤノダテハゼ
イトヒキテンジクダイ キンセンイシモチ2 マルガリータカージナル
コガネキュウセン2 ニセモチノウオ ホソソメワケベラ
デバスズメ17 スクーターブレーニー インドカエルウオ
アミメハギ


オハグロガイ クモガイ2 コソデガイ3 スイショウガイ マガキ貝3 ヤサガタムカシタモトガイ2
クボガイ スガイ複数 オニノツノガイ
ハナビラダカラ複数 ハナマルユキ アワビ
ヘビガイ2 ?ヘビガイ2
アツムシロガイ複数 ヤマグチバイ 
アサリ

甲殻類
イソスジエビ3 アカスジモエビ 
テッポウエビ ニシキテッポウエビ コシジロテッポウエビ
サンゴガニ2
ケアシホンヤドカリ 

ゴカイ類
ケヤリムシ ソシアルフェザーダスター 不明種3 
ウミケムシ ミズヒキゴカイ 砂虫

棘皮
アカミキシキリ クロナマコ2 リュウキュウフジナマコ マナマコ2
カシパン ナガウニ

サンゴ
シコロサンゴ アザミサンゴ 
キクメイシ ?キクメイシ
ハマサンゴ+イバラカンザシゴカイ+トサカ+レッドグレーププランツ

カーリー増殖中

カイメン 乳白色 黄白色

海藻
ツタ類 ヘライワツタ ウミブドウ レッドグレーププランツ
紅藻 ヒトツマツ ガラガラ トサカノリ ツノマタ エツキイワノカワ ホソバナミノハナ
マユハキ藻 アオサ シオグサ類


接続1200水槽

クロダイ2 マダイ スズキ
タケノコメバル2 カサゴ4 ムラソイ メバル
アオハタ ヨコスジフエダイ クサフグ2 アゴハゼ


スガイ
アカニシ ニシガイ2 イボニシ アクキ貝科不明種
アサリ

マナマコ


マリリン水槽
キュウセン


ウナギ水槽900 汽水化
アカメ
ウナギ45㎝ ヨシノボリ タイリクバラタナゴ メダカ モロコ
スジエビ ブツエビ


ウナギ水槽450
ウナギ30㎝ ヨシノボリ大

換水 生体メモ

換水600L 
濾過槽も合わせて掃除
海藻トリミング

150×90×60水槽
水温24度設定

海藻類はいつの間にか数種類増えてきた
ツタ類 ヘライワツタ ウミブドウ レッドグレーププランツ
紅藻 ヒトツマツ ガラガラ トサカノリ ツノマタ エツキイワノカワ ホソバナミノハナ
マユハキ藻 アオサ シオグサ類 

サンゴ
アザミサンゴ キクメイシ ハマサンゴ シコロサンゴ
トサカ 
セイタカイソギンチャク

イバラカンザシ ソシアルフェザーダスター ケヤリ
ウミケムシ

ナガウニ カシパン
黒ナマコ マナマコ

カイメン 乳白色 黄白色

サンゴカニ アローヘッドクラブ オウギガニ
テッポウエビ ニシキテッポウエビ コシジロテッポウエビ イソテッポウエビ
イソスジエビ アカシマモエビ
ホンヤドカリ

スイショウガイ クモガイ オハグロガイ ムカシタモトガイ コソデガイ マガキ貝
ニシキノキバフデ オニノツノガイ アツムシロガイ 
ハナビラダカラ ハナマルユキ
スガイ カンギクガイ クボガイ 

デバスズメ スクーターブレニー
イエローコリス ニセモチノウオ ホソソメワケベラ
インドカエルウオ バイカラードッティーバック
ギンガハゼ ヤノダテハゼ ヤマブキハゼ ニチリンダテハゼ

120×60×45水槽
メインタンクとオーバーフローで接続

アミメハギ チヌ マコガレイ クサフグ
ボラ ナベカ イソギンポ スズキ
タケノコメバル カサゴ メバル アゴハゼ
クモガイ マナマコ

いつの間にか増えていた 水槽の見た目はそんなに居るとは思えないのだが
  

水槽立ち上げ

先日の メインタンクオーバーフロー稼働準備も出来たので仮始動

400Lの海水を作り作動

1500水槽の設備は ほぼそのまま維持で

1200水槽の揚水にマキシジェット1200で水を回す

1200水槽には 近海産海水魚を収容



現在、総水量は約1000L程あり 間接的にも日光を当てているので
水温維持にZC-700のみでは間に合わない
更に好日性サンゴの維持にメタハラ シープロ250を8h点灯すれば余計に水温を上げる
現状
室内クーラーで24度設定 24時間冷やして かろうじて25度付近に維持している
中国地区で良かった 夜勤生活で 昼間寝る為にも必要なんだ

節電には 

スキマーとスーパークール150は撤去
補助濾過槽の 上部ろ過も撤去

室外には ゴーヤを植えて 水はクーラーから常に出てくる水を引き込み水やり

新規水槽

やっとメインタンクに接続使用が出来そうな水槽が見つかった

サイズ 1200w 600d 450h
アクリル水槽 サンプ用に使用を考え購入
状態は良好
小傷もほとんどない 割れ ヒビ クラック無し
板の接続も目立って空気も入らず 剥離も無し


画像は取り忘れた 

設置場所の水槽撤去
水槽台は60規格用の水槽台を田の字に4本並べベニヤ板を敷き設置

接続の配管を あくまでも仮組みなので塩ビ接着材は使用せずに
シリコン系接着剤で目張りをして 何時でも配管の組み直し可能になっている

しばらく接着剤の溶剤を飛ばす為に放置しています

ウミケムシ大駆除その後

先日の ウミケムシ除去後

セイゴにぽつぽつ白点が発生 

1週間は付いたり消えたり 餌も十分食べる

2週後 白点大発生 次々と落ち全滅

メバル2週後までは問題無かったが セイゴ全滅と同時に急激に白点に覆われ全滅

ハゼ ナベカとイソギンポのハイブリッドらしきギンポ メバルを追いかけるように落ちる

メインタンクでも大駆除の後 生体の調子が落ち ウミケムシがぽろぽろ増えだした頃に調子が上向いた

今回の事でウミケムシが湧くと白点になりにくいという結果に
大きいケムシ以外は放置する事にした

何故?白点はウミケムシの餌になるのかな? 

換水をしてみると

ひと月ぶりの換水作業
ヤマメ水槽 ろ材スポンジ洗いも合わせてやって見たが
ヘドロがすごい溜まってあらい水が黒くドロドロに3ヶ月の垢なんだものね



サブタンク 全量換水 
ウミケムシの大繁殖が発覚したため 急遽生体を隔離
ウミケムシ駆除の特攻薬を投入 
後遺症の心配 薬物残留の心配は無い

何を投入したのかと言えば

 

人工海水の元を飽和量以上投入 塩漬けにして1時間

底砂をかき回せば 出てくる出てくる百数個のケムシ玉と線ちゅう類

数回真水を投入 排水を繰り返し塩抜きをしつつ ケムシ類を取り除けば完了

無事に駆除および換水終了

ウミケムシ君は真水に浸けると干潟生物らしく耐性が強くなかなか死なないが特濃塩水にはイチコロだったりする



メインタンクの換水 濾過槽掃除
頻繁に掃除はしているモノの 給餌の頻度がむちゃくちゃ多いので

数日で 濾過槽のスポンジは詰まっている ひと洗いで洗いきれない
配管内部も3ヶ月で激しく汚れの付着が…ほとんど配管を塞いでるよ これでは流水量の低下が激しいはな

深夜の換水無事に終了 次はいつにしようかな?

メインタンク住人

換水60L
レイアウト小変更

撤去
カサゴ2尾
クロソイ2尾

現在の住人

アマゴ(サツキマス化の途中)1尾

CA3C0593.jpg
下は淡水水槽
CA3C0596.jpg
淡水中ではオレンジっぽいが 海水中では青みが強くなってる
メタハラ下では パーマークがまだ見えるが 光の加減次第で見えなくなる

アミメハギ3尾

イソカサゴ1尾
カサゴ3尾
クジメ1尾
クロソイ1尾
ムラソイ2尾
メバル4尾
CA3C0599.jpg
アカハタ1尾
オオモンハタ1尾
CA3C0598.jpg
ヒフキアイゴ1尾
セイゴ1尾
キュウセン1尾
ホンベラ1尾
チヌ1尾
イトヒキハゼ2尾
シマハゼ1尾
イソギンポ1尾
ナベカ1尾
ニジギンポ1尾
イカナゴ1尾

アツムシロガイ10数個
アワビ5個
イシダタミ2個
オオヘビガイ7個
ヘビガイ1個 赤色の殻が綺麗
スガイ5個
シッタカ3個
ハナビラダカラ10数個
マガキ貝3個

カイメン

白いウミウシ1個 25mm程で すぐに砂に潜る ほとんど見つからないが無垢な白色が印象的

赤ナマコ 食用で購入した頃の3倍に成長 シュアーを食べると一気に成長した

ヤドカリ カニ エビ類全滅

砂虫
望まざる爆殖
CA3C0591.jpg
ウミケムシ

キクメイシ○○○
CA3C0601.jpg

メインタンクの住人

11月の住人 入れ替えの結果

チンチン(クロダイ)15cm 1尾 おとなし目で他魚種との混泳させやすい
アジ 10~14cm3尾 配合飼料が主食に
セイゴ20cm 1尾
バリ(アイゴ)9cm 1尾 ヒゲ状の海藻除去に効果大

メバル8cm 4尾  配合飼料が主食に
カサゴ6~9cm 6尾 配合飼料が主食に  
クロソイ9cm 3尾
ムラソイ 6~8cm 2尾 配合飼料が主食に
タケノコメバル 15cm 1尾

ハリセンボン18cm 1尾
アミメハギ1、5~3cm 5尾
デバスズメ 22尾

ニジギンポ8cm 1尾
イソギンポ9cm 2尾
ナベカ6cm 2尾

キュウセン14cm 1尾
ホンベラ13cm 1尾
コガネキュウセン 8cm 1尾
イカナゴ12cm 1尾

イトヒキハゼ13cm 3尾 配合飼料が主食に
ホシノハゼ9cm 1尾
シマハゼ7cm 1尾

無脊椎は変動がほとんどない

サブタンク
キビレ(キチヌ)2cm前後 約40尾
コウイカ5cm 1尾
イソギンポ6cm 1尾
ヘビギンポ4cm 2尾
イソスジエビ コシマガリモエビ アカスジモエビ
アツムシロガイ バテイラ 

コンテナbox
メバル10~18cm 6尾
水温が低いためか 4日間 エアレーションのみでまだ生きている
以前同じ場所で釣ったキジハタが ヘドロ臭く食べられなかったので
泥抜き中だったりする 

メインタンクのお魚達

危険な水槽に歯止めが掛からないが

(サイズは適当な目測)

メインタンク隔離ケース内
CA3C0483.jpg

アオハタ19cm2尾
サンバソウ(イシダイ)9cm3尾
イシガキダイ 9cm1尾

メインタンク
アジ7cm~11cm 11尾
チダイマダイ7~10cm 9尾
チヌ 9~12cm 3尾
メバル7cm前後4尾
クロソイ7cm3尾
ネズッポ 14cm1尾
キュウセン11cm1尾
ホンベラ12cm1尾
ササノハベラ13cm1尾
イエローコリス6~8cm4尾
アミメハギ2cm前後4尾
?ハゼ3尾
ナベカ4cm前後3尾
イソギンポ4~5cm2尾
デバスズメ4cm前後23尾
と こんなものかな?


ついでにサブタンク

CA3C0477.jpg
アオハタ 2尾
カワハギ1尾
アミメハギ2尾

サテライト内
カサゴ1尾
バリ(アイゴ)2尾
コウイカ1尾


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。