スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故だろう?

採集してきた
魚が1週間で よく落ちる
メバルなどは白点さえかからなければ 成長していただろうに
クジメも餌は食べた。 が、1週間ほどで落ちた
アミメハギも餌は食べた でも長くは持たない

今年 長く持ったのは いずれも 底砂無し フィルター無し
水温調整無しで エアレーション もしくは 水流ポンプのみの
間に合わせのシステムの時が大半だった



あまり作り上げたシステムでは持たないのだろうか

1ヶ月を乗り越えた魚は、ほぼ長期飼育の流れに乗る

変わったことでは アジの場合 一緒に餌になるかと 入れたボラが
弱って 傷だらけだったアジの体表を しつこく突付き 過剰に分泌していた粘液を食べていた
もちろん アジは嫌がって逃げ回っていた
普通なら ストレスで 落ちたはずなのに 逆に傷口も塞がり たびたびの擦り傷も
短期間で直り 状態も上がった
ほかの魚種も近い状態までは行った

今は チヌ ギンガメアジにも 同じ行動をする
嫌がって逃げてはいるが 状態が上向いてきている

ボラに、こんな治療の力があるのか わからないけれど
 4匹居るうちの 2尾のみ 突付きまわる状態がたびたび 見受けられ
更に、状態が上がるのは フシギフシギのアンコちゃん~

誰か 調べてレポートを、まとめてくれないかな

ホソソメワケベラなら数多くの文献もあるのでホスピタルフィッシュは納得できるんだけど

ボラは??? 


 
スポンサーサイト

受け入れ前の準備

新規購入のお魚を入れるために掃除

メインタンクの外部ろ過掃除
中にたまったヘドロを水ごと廃棄
ウール交換 このときに古いのを1枚敷き 新しいウールをその上に敷くと
流速が落ちにくくなり、掃除の間隔が 伸びる
濾過槽内についていた透明なカイメン 消えていた 

ついでに10L換水 

サブタンク 30L全換水
隔離槽2個設置 
タツノオトシゴ用に 採集用飼育ケース
餌エビ用 隔離ネットL

これで 隔離槽ビッグフィッシュ(大)を設置すれば、ハタ類3種 受け入れ準備ほぼ出来る

水槽内の状況
メインタンクの隔離槽
カクオオトゲキクメをメインタンクに移動
隔離槽にムラソイを戻す
カレイ ナベカは落ちていた


白点再発

メインタンクにて
白点再発 周期的に見て、一度落ちた シストが分裂 セロントを放出したのだろう
こうなれば 波状的に 取り付くだろうか
最悪なパターンに入れば押さえ込む前に魚の体力を奪われる
何度かかっても餌を食べる体力が残れば 回復するけれど
メインタンクには 無脊椎が入ってるので 即効性のある薬を使えない
予防までしか効かないし
殺菌灯も予防まで

  ひとまず ヒコサンZ 5ml投入
前日にも10ml投入

白点が離れるまでは 魚の体力しだい
今出来ることは 何もしないで 餌やりだけ

無脊椎に厳しい薬でも効果のあるのは 魚体に取り付く前段階の
わずかな時間しか効かないとの事だし

今の設備では打つ手無いかも

またオールリセットするしかないのか

白濁

サブタンク
うっすらと白濁が発生
エビ の死骸 クリルの腐敗が原因だろう

濾過槽を撤去し 底砂もなし
活性炭のみの状態なら限界も早い

明日にでも換水をしよう

メインタンクは
濾過槽の掃除がほったらかしなので
ウール交換しないと 流速が落ちてる

生体は、特に変化無し

餌にイシガニ ガザミが混入していた
小さい頃は特に害は無いが
成長につれ 魚 無脊椎に襲い掛かって水槽崩壊の引き金になりやすいので
捕獲処理 過去に 2度崩壊した 

水槽内での成長は早くて 姿もきれいで 慣れたら、餌クレダンスを踊るのよ
泳ぎも速い 遊泳性の強い 渡りガニらしい行動力だよ
だけど 単独飼育しないと 弱肉強食を即、再現しちゃう

今の時期は いくらでも捕獲可能 3cmまでの個体が波打ち際に集まっている

場所によっては 海藻に潜んでる

活け餌しか

サブタンクのギンガちゃん
選り好みし過ぎ
生きてる餌にしか反応しないの 
本日もシラサエビ購入
このままだと 財布に厳しいぞ
ここは 
禁煙するぞっと

活き餌の大半は 自家採集でまかなってるけれど
シラサはね 一度 養生した個体のほうが 環境変化に強いので
最近は購入することにしたのよ
近所でいつでも大量に採集して確保できるけれど
保存性も初期の落ちがはげしく 養生も水槽が無いので中断


そのまま海水に入れたらショックが大きいので 一度海水の半分位の濃度に一度入れて
1時間後に海水に投入すると なんと ほとんど落ちないのよ
しばらくは白濁はするけど 数日で回復する 最短の時間で放り込む場合に良くする方法なんだ
あくまでも 自己責任で実行してもらわないとだめな方法だよ
またろ過が不十分だと 数日後 一緒にメインの魚ごと もって行かれる危険性もあるので
水の白濁にも注意してるの

時間をかけた方が 本当は安心だよ

メインタンクは イソギンポ 暴れん坊になりそう クリルを奪い取ってる
チヌくんからー  

隔離槽のオコゼ ムラソイは喧嘩はしない 餌には問題なさそう
ムラソイは、 ホワイトシュリンプ クリルに餌付いた

タツ君は 餌を 食べているのか不明
 活き餌を入れすぎて ストレスになっていたので多少隔離した
♂と思っていた個体 もしかして♀?

タツ君飼育には、某 専門サイトを拝見 参考にしてます

捕獲のヒントもそのサイトで頂いたのよ
 
リフジュウム水槽を セットアップ近々検討中
今のうちなら アマモが大量に漂ってるので根付かせ成長させるのも
比較的成功確率が上がるので
アマモは漂っていたら枯れてしまう海草だから藻場への負荷は無いし
無駄に枯らすよりは多少利用させてもらおう
ワラワラ状態を作ればタツ君飼育も楽になるし

間違っても生えてるのを抜くのは厳禁
自分で自分の首を絞めるのと同じ行為だからね

貴重な藻場を破壊したらねぇ





サンゴ達

本日はサンゴの状態記録

ミドリイシ ポリプを伸ばし満開状態が続いて生きてる
蛍光灯直下10cm
硝酸塩は30~50 リン酸は不明 
一時期 フォスフェイトリムバー 活性炭を入れるも病気治療中にて1ヶ月間抜き取り
調子が落ちるか 微妙なところ
色は緑から茶色に ヨウ素添加したら 光の直射する部分のみ緑に戻る
メタハラにしたほうが良いのだろうが まだしばらくはこのままにする
光の弱い部分は剥げだしたが広がりは無いので放置チュウ


カクオオトゲキクメ
これは アミーゴで処分特価 ライブロック扱いで購入
色合いがパステルブルーと茶色のミックスで人気無いためだろう
いくつかポリプが落ちていたが回復しさらに成長してる

キクメイシ (カメノコ?) これもラビータでライブロック販売分
かなり弱っており半分近く落ちたが残った部分は落ち着き ポリプの中央が緑に色上がり
成長も鈍いながら始まってる

ハマサンゴ イバラカンザシで売られていたもの
どちらも環境に慣れるまでに 半分近くは落ちたが ポリプを満開にさせたり
膜を張って縮んでいたりと 気まぐれな様子 剥げたりはしないので ときどき水流を当てて膜を飛ばしヨウ素添加する 色上がりさせれば緑に色上がりする

アザミサンゴ 共肉がすべて剥げポリプのみになったが ポリプの勢いは落ちない
スイーパー触手は伸ばさなくなり配置は楽になった ポリプ周りに石灰分の沈着があるので成長の兆しはある 茶色になったが ポイントの触手の先の蛍光緑は ヨウ素添加 通常の3倍以上で回復が早まるのを確認 ストロンチウム添加は規定量の半分 特に問題無しだ

ハナヤサイ これは撤去 共肉 ポリプの剥げが止まらず 

キサンゴ?ポリプは知らない間に成長 好日性らしい


キクメイシ? 成長はしていない
ただ 導入時よりは回復 ポリプが非常にふくらみハナガサショートを想像すればイメージが近いと思う 最大3cm弱伸びる
これは 想像以上のサンゴだ成長速度は甚だしく遅い ポリプだけ見ると グリーンぽいブルーに仕上がった 通常生息域的に 茶色  直射日光を直に浴びるし メタハラが必要かも
蛍光灯でも飼育環境では問題ない 餌はクリル 配合餌等 何でもいける別に 餌が必要なわけでも無さそう
はっきり言って 干潟のイソギンチャクに近い強靭さがある 転がって泥まみれの状態で藻にも塞がれる状態だったのに よく回復したものだ 

魚とサンゴの同居どこまでいけるか 試しています

白点治療途中経過

サブタンク

チヌくん
ギンガメアジ君ともに
白点完治 ただの持込だったのかな
グリーンFゴールド+ヒコサンZ
効果抜群なんだね

メインタンク

チヌくん 徐々に白点減少
食欲も回復 環境にも慣れてきた
ドクターラボ 胡散臭いと 思いながら使用してみたけど
多少は改善効果はあるのかな?
それとも ヒコサンZの効果?
複数使用は どれの効果かが判らない

ともかく 今回は どちらも効果はあった

なんと!

本日は またまた前回の海岸へ

狙いのポイントで探るも不発

だけど諦めずに 怪しそうな場所にトライ!

ガラモの新芽が成長してきたので探るが、くるのはギンポ ハオコゼ エビ類

半ば諦めかけていた折 またハオコゼか~と逃がす瞬間
おやぁぁー!!!
何かがおかしい

これは! ハオコゼじゃない 赤地で似ているけど 

ムラソイの赤バージョンだぁ

ここで取れたのは初 15年前に1キロ先で40尾近く群れていたのを発見し
釣りで捕獲して以来 捕獲歴が無くて
居なくなったものと思っていたのに、それも今年生まれたものだろう。
まだ 金 黒バージョンも居るだろうか?

ひとまず5cm1尾 通常、このサイズは群れていることが多いので粘ればまだいたはずだが
今回はやめた 水深がまだ タモで探るには深く 岩組が悪いから少し危険かな

今日は終了という事で。 

帰る前に ぶらぶらヒメイカ君は居ないかなぁっとアマモを探っていたんだよぅ

するとぉ

取ったどー!!!

なんと  タツノオトシゴ 皮鞭の多いタイプ
6cmはありそう
恐らく生態的に泳ぎ回らないので このあたりで繁殖しているはずだし
オスっぽいから まだ何匹かは近くに居るはずだ!

5~10m先のアマモ・ガラモ場に居るなら年に数回しかチャンスはないけれど
今は稚エビが無数付いてるならば 居る!!
必ず干潮帯まで上がってきている!!


近くを探すこと15分 居た!
今度は子魚 3cm位 形態が似ているので親子かな
ほぼ一年近くぶりかな?

今回も活き餌も心配ないから お持ち帰り
慣れたら ホワイトシュリンプにも 餌付くし大丈夫 多分

問題は 水槽 隔離槽は 使用中 
メインタンクも隔離槽 設置中
餌の逃亡もあるから 何に入れようか

給料前で 水槽を買えない
設置場所も

別にイソギンポも捕獲 6cm

今回の成果
イソギンポ 1尾
ムラソイ赤 1尾
タツノオトシゴ 2尾
稚エビ 混合で200
オオヘビガイ 1個

毎回 思ってみないものが居るから 新鮮な場所だ
狙った獲物はほぼ取れない事も多いんだけど
それ以上の成果も上がる 数少ないポイントなのよ


もう一箇所あるんだけど
今は 不法投棄か防犯上かは知らないが 海水浴シ-ズンしか入れなくなったの
入り口に大きな金網の柵が設置してある

シーズンオフに 行くには、船か 磯渡しに頼むしかないので行けれなくなった
逆に言えば 荒れていたポイントが回復するのだけど 複雑な気持ちだ
もう10年は行ってない

あそこは キス コチ カレイ メバル ネズッポ マハゼが釣れていた

ごろた石や 砂浜 岩場と複合的にあり キャンプ場でも有名だった

今年も行けれなかった 混雑する場所自体 大嫌いだから
もう 行かない場所だろう

チヌくん

チヌくん 
メインタンクの3匹
白点の数が 多少減少してるのかな?
ヒコサンZを15ml投入後 多少は持ち直してきた
スキマーをエアポンプ代わりに絞って作動させているけど
いくらかスキミングしている 濃度は薄まってるだろうが 薬効の効果があったのかは不明
餌はクリル シュアーを食べる 回復の兆しなのか このまま持ち直せば 治療方法に幅が出る

ヨウ素殺菌ドームの場合は 1度目は効果絶大だったが2度目以降は効果が薄れたという結果もあるし
何度か実践が必要だ

サブタンクのチヌくんは ギンガメアジの食欲につられて 砂虫は食べる おやっ!クリルも食べだした
ギンガメアジは シラスエビ 小魚は腹いっぱいに食べるが、まだクリル シュアーには抵抗があるもよう 白点もほぼ落ち着いたので 一度 活性炭を入れた 

オコゼ君はいつのまにか 何かを食べてる
魚食性が強いのか エビ・カニは食べていないようだ
ハゼ幼魚を多めに入れてるので しばらくは安心だ 
今は異常に泳ぎ回ることも なくなった

ボラはシュアーに完全に餌付き 成長のスピードが上がった
なんとも、メタボラックしてる

イワシは1尾生きてる 餌は興味は有るけど食べない

サンゴ類・ナマコ・エビ・カニ等の無脊椎達はマラカイトグリーンの薬害が心配だったけれど
今時点では問題は無さそう

 また 明日も イワシ オコゼ メバル狙いで採集に行こうかな
今度は撮影もする為に早めに行動しよう 

イワシ?

本日は 某海岸 干潮前後1時間で終了。
基本的に道具は タモ 目の細かい網 採取用ケースのみ

結果は
イワシらしい魚 3cm未満 約20尾
ハゼ  2~3cm 30尾
エビ ウシエビ?3cm 1尾
エビ不明 1cm前後 約80
エビジャコ

ナベカ 5cm 1尾
カレイ 4cm 1尾
イシガニ ガザミ 
テッポウエビ

イワシは2尾生存 エアポンプ 酸素を出す石共に忘れて
酸欠
死んだイワシは、サブタンクの餌に使用 ギンガメアジ チヌが腹パンパンに食べた

まさか この時期にイワシが寄ってると知らなかった  
目の前の岩場で 表層で群を 約700確認
ボラ メバルが稚魚期に群泳していた覚えがあったな
そういえば 時期は忘れたけれど 確かサヨリも稚魚が寄ってくるはず
稚魚の餌が豊富に流れてくるのかな?
ここは 流れが速く ホンダワラ ワカメ類が繁茂する場所だし
 
稚魚が、良く流されないと感心するよ 

捕獲はしなかったけれど見つけた生き物

 チンチン 4~12cm 約20
セイゴ 10~16cm 約12
ハゼ子 無数
クジメ 数匹
ハオコゼ 数匹

ウミウシ ハナデンシャ?無数 ミル等に産卵中もいた?
体色 先月まで白地にあのカラフルな色合いが
今は黒ずみ 黒地になったの?ウミウシが婚姻色なんてならないよね?
1㎡に5~10個体 砂地 泥地問わず 特にアマモ ミル等海草(藻)のある場所に密集
海そうめん?オレンジっぽい色で5cm位の塊が多数付着 産卵してるの?
食性が判らないので捕獲はしない
写真を撮ればよかったかな?

追記 トゲアメフラシと判明

ヨウジウオ茶や緑  4cm主体で約20尾 12cm 16cm数匹
ヘビギンポ 数尾
アサヒアナハゼ 5cm 13cm

タイラギ数個
イソギンチャク ウメボシ少ない ヨロイが多数
ケヤリ ミハエルホヤ 20以上確認
オオヘビガイ一つの岩に20~100近く付いてるもの多数

キクメモドキ 多数 成長遅いので踏みつけ注意
20年近く前とほとんど変わらず 成長していない
何度も雪をかぶり 干上がりを繰り返し 泥に藻に覆われよく耐えてる
一応 造礁サンゴの一種 好日性はこれ一種しか生息できない
一時期、九州 沖縄でスイショウ貝に付いてることで有名になったのね

 
ミル ホンダワラ ワカメ アマモ ホソアマモ確認
ホンダワラ新芽が成長しだした
1ヶ月前まであった紅藻は半分以上 消えていた
ウミブドウ?約18年前から繁茂している
イカ タコ 今回確認できず 少し沖に移動したのか?
カキ ほとんど消えた 

メバルはいなくなっていた
船着場では周年確認できる
3月頃から2cm位の稚魚数万尾確認でき
4月後半4cm頃まで 数百の単位に別れ群泳 5月より9月 岩 ミル ホンダワラを囲むと 数匹単位で採取可能 ただし、最適な深さを見誤るとほぼすべて逃げられる

ギンポ 4月から子が3cm前後 ホンダワラに数十尾 取れる
7月より数尾位に 今回も数匹確認

アイナメ・クジメ3月頃に 体色が変化中の個体が多い
周年 採取可能 ピ-クは5月後半まで


餌はアミが大量発生し その後、追いかけるように
エビが発生しだし秋後半まで 続いてる? 
ヨコエビもホンダワラの沈む前後に大量発生

2月~5月、オレンジ色のウミウシ、ミノウミウシに姿は似ているが
ホンダワラに大量に付着している

ツノガニ周年捕獲可能

クサフグ 5cm~10cm 数匹 すぐに逃げる

タケノコメバル タケノコの時期が一番採取量が多い 成長も早い

カサゴ 運がよければ 12cm程度は取れる

カレイは同時期2cm位大量発生5月まで5cmまでは コンスタントに採取可能
ミミズハゼ アナジャコ確認できず
8月頃から ゴンズイ玉 12月まで確認

オニオコゼ 今年初めて 確認 4cm 14cm

タツノオトシゴ 2007年10月に初 捕獲4cm ホンダワラ

まだ クルマエビは見つからない 10月後半より採取可能 一定の時間を外すと、まず捕獲不能

アミメハギ 何百といる模様 採取は周年 いくらでも出来るが 水質に敏感で長期飼育は意外に無理
突然死が多い 8月より1cmくらいのサイズ無数捕獲可能


年々種の多様化が失われてきている
一部の種類は季節ごとに大量に捕獲できても 
10年前 20年前と比較して 全体量は少ない
いるべき場所にいなくなった 恐らく半分 それ以上に減少している
今年はウェダーを使用しての結果だから非常に悪化している
以前はひざ下までしか行かず 行動範囲も今の半分以下で 30分も掛からずに採取完了して
観察に時間を使ったものです
 
年々干潟 の埋め立ての影響が出てきた
十数年前にも近くで大幅に埋めて土地が出来ていた まだその土地は遊んでる
もう限界に近いね 

次々と

またまた 落ちた

ソラスズメが全滅 餌用だったにしても、こんなに早々と急死が発生することは
以前には考えられなかった 水槽の容量が違うにしても
クーラーも無く水温変化も激しく ろ過もまともに作動させず 水流ポンプのみで飼育していた頃のほうが 魚の落ちるという原因もつかみやすかったし 病気もビブリオ以外は怖くもなんとも無く
すぐに完治していた気がする 採取時の扱いでのダメージで落とす事はあったのは確かにあった
当時は半日以上かけて 高知の足摺や 鳥取境港からの輸送 捕獲時の釣り上げのダメージ等
理由は明確だったため 回を追うごとに 改善し落ちる理由は 拒食か ビブリオとはっきりしていたと思う
残るは 単純に 水槽サイズによるストレス 環境変化によるショックかな?
これには 以前の設置場所が無くなったため 匹数を減らし 魚種の限定しか即効性のある対処法は無いなぁ
水槽のマンション化は 手間が増えるし 床にも厳しいからすぐには 用意できない

今、出来るのは我慢だね

メインタンクのチヌ君白点の進行は止まり増えもせず減りもせず
食欲は落ちたから 多少は衰弱してるな 去年は 転覆病と白点にやられたので
しばらくは 細菌感染対策で ヒコサンZを投入が必要かも
サンゴがあるので 隔離したいのだけど 逃げ場所を覚えて捕まえられないよ
今は盛んに追いかけっこしてるから すぐにどうこうは無い感じ

サブタンクのギンガメアジは水換え後 食欲回復 シラサエビは問題なく食べる
落ちた方は 水質悪化で中毒状態だったのだろう
チヌ君は砂虫を食べる エビには警戒を解かない

キュウセンは食べない 

以前に入れた生体

過去に飼育履歴のある魚種

自家採取 黒字 
購入 赤字




メバル カサゴ アイナメ タケノコメバル ムラソイ クロソイ
シロギス マダイ ミミズハゼ ソラスズメ カゴカキダイ
シマスズメ ギンユゴイ キジハタ アゴハゼ ドロメ
タツノオトシゴ ヨウジウオ サヨリ クジメ マコガレイ
シマウシノシタ ホンベラ オハグロベラ イシダイ ゴンズイ
ウミタナゴ スズメダイ アミメハギ ウマズラハギ カワハギ
クサフグ トラフグ クロダイ ハオコゼ マゴチ
ネズッポ コトヒキ チダイ ナベカ ギンポ オヤビッチャ
トウカイスズメ キュウセン アサヒアナハゼ ヘビギンポ イトヒキハゼ
キヌバリ スズキ マハゼ メジナ  ヒイラギ

ユカタハタ コスジイイシモチ キンセンイシモチ ミノカサゴ
ハナミノカサゴ ソラスズメ イエローベリーダムセル マツカサウオ
コガネシマアジ マハタ アカハタ オオモンハタ ヒラメ
サラサゴンベ オキゴンベ ニジハタ ルリスズメ ヤエヤマギンポ
イエローコリス スポットマンダリン コガネスズメ


イイダコ テナガタコ
ヒメイカ

クルマエビ ウシエビ ヨコエビ アカシマモエビ テッポウエビ
イソテッポウエビ ニホンスナモグリ アナジャコ エビジャコ
シャコ アミ  

サラサエビ

ガザミ イシガニ コブシガニ オサガニ イソガニ
ツノナガコブシガニ キンセンガニ ツノガニ ヒシガニ
シオマネキ

カイメン

エボヤ ホヤ ミハエルボヤ

ホンヤドカリ

ユビワサンゴヤドカリ

フジツボ

クモヒトデ ムラサキウニ シラヒゲウニ バフンウニ

ムカデメリベ ハナデンシャ

ウメボシイソギンチャク 

ハナヤサイ ディスクコーラル

ヒザラガイ タイラギ アサリ ムラサキイガイ カキ
シジミ
サザエ クボガイ タマキビ ハナビラダカラ キイロダカラ
シッタカ イシダタミガイ ウノガサ ベッコウガサ キサゴ
スガイ ヒラサザエ イボニシ アラムシロ

ドロケヤリムシ 
 アカナマコ

まだまだいますが 種同定不能多々
大半は 自家採集 中国四国近畿で採取
ホームグラウンドは岡山 高知足摺周辺 鳥取境港周辺

淡水

フナ 鯉 モロコ オイカワ ナマズ
めだか カマツカ クルメサヨリ 大陸バラタナゴ うなぎ
ヨシノボリ ウグイ ムギツク

和金 流金 オランダシシガシラ ランチュウ タンチョウ
茶金 コメット 出目金 アズマニシキ 青文魚
頂点眼 水泡眼 金魚は2世代まで繁殖

ネオンテトラ コリドラス プレコ グッピー


手長エビ スジエビ ブツエビ
ミジンコ 
アメリカザリガニ
カブトエビ
クサガメ ミドリガメ ゼニガメ

タニシ ドブ貝


ブルーギル ブラックバス(外来魚はリリースせず捕獲後すべて駆除。自家製堆肥に替わりました)
外来魚のリリースはその地域の環境を甚だしく破壊します
この2種は、もともと地元で問題になっており 駆除が目的で採取した魚種です

オニオコゼ

オコゼ君がやっと餌にありついた模様

ソラスズメ稚魚を餌用に入れていたが3日間 興味を示さなくて
心配していたが やれやれといった感じだ

一気に2尾食べたようだ

隔離箱に 一緒にミドリイシ カクオオトゲキクメを入れているが
お互いに状態は悪くない
 
シュアーには餌付かない 生餌しか受け付けないのだろうか?

また 近日中に潮目も良くなるので 採集に行こう


白点病治療

サブタンク

白点病にて 
ソラスズメ
セイゴ
ギンガメアジ
カサゴ
が落ちる

水温も水質もギリギリだったと感じる
もともとサブタンクは、2週間ほど前に崩壊してヒコサンZを投入して様子を見ていたが、
隔離水槽に急遽戻したのが悪かったのだろう
サンゴ砂も殺菌?が不十分だったし
餌用のエビが、大量に死んだり 
活性炭と ろ過細菌を追加して入れていたが時間も無かったし 排泄物も多かったのでろ過どころでは無いだろう
さらにキュウセンがかき回しまくってシストを刺激したのかもしれない 

今回は 
全換水 2/3濃度で30リッター
サンゴ砂撤去 真水にさらし
バフィー撤去
グリーンFゴールド 規定量の1/2量投入

エビ クモガニ 砂虫隔離

チヌ
ギンガメアジ
キュウセン
薬浴させる
水温30度前後で放置開始

メインタンクは、チヌのみ感染で隔離不能なため(取り出すのが困難な岩組みしてるので)替わりに 
今、投入のドクターラボとシュアーの効果を見る為の 実験を進めることにした
全身 白点まみれだが餌は追いかけ食べている (シュアーとクリル)
縄張り争いは頻繁にしている ただしお互いに 傷つけたりはせずにけん制している程度だ

水温24.5度に設定で観察

ネットでの検索で知った 対策 対応を参考に実践中
果ては銅治療に移行するか悩んでいます
水島 白石様で 頂いた PERPCONⅢパプコン(製造終了らしい)水溶化ガラスに銅イオンを封入したものがあるので 最終的な対処に使用予定で保管中
 

 

餌の時間

本日の餌

釣具屋 タイムで購入 
シラサエビ 200円
クモガニ 10尾

サブタンクに投入

すこしずつ投入 ギンガメアジ突撃開始!
隙を見て セイゴ 数匹飲み込む
チンチン 様子見 少し持ち込みの白点がある様子 つまみはするが飲み込まない
水が汚れるから 食べてーーー
キュウセンはすねて 潜ったままだよ
ギンガメアジはもう 腹がはちきれそう

メインタンクはと

は は 白点がー

チヌ君持ち込んだなー

チヌ君は なんと すでに シェアーにも餌付いた見たいだ
病気への耐性は少しは付くかな?
クリルも腹パンパンに食べてる 
縄張り争いも始めてる 多分落ちるまで激しくはしないと思う
縄張り争いはいつもの事だし

隔離したオコゼ君 あなた 何がほしいの!
気づけば何か食べてる 餌探しして泳ぎ回ってるのに 
今は絶食中 難しい きまぐれ屋さんだよ 


アジは白点には一切ならない シェアーにもなれて 底に落ちたのまで器用に食べてる
こいつは 7匹入ったうちの1尾 4尾は環境になれる前に落ちて 1尾はダイブ 1尾はポップアイで
残ったのは1尾だけ
 さらにもう一つのお話
 マハタを入れた際に かじられて 見るも無残な 皮剥げ状態で肉が見えていたのよ こいつは

諦めていたのに それが 3週間後 なんと!!
表皮が再生したー

なんて生命力 餌用で入れていたのに愛着が湧いて来たぞ

でもね
実は この水槽
マハタ アカハタ オオモンハタ ミノカサゴ ハナミノカサゴ ユカタハタ
これらを育てたいためにセッティングしたの

すべて白点にて落ちましたっ  切腹っー
ってのは 古いねぇ

白点恐るべし 


懲りずに 無謀なチャレンジ繰り返してます

早く 6年間のブランクから抜け出すぞ! 

生体購入

17日 アクアマリンズ様より到着



内容は

カサゴ 1尾

ギンガメアジ 2尾

ソラスズメ 9尾

今回も状態最高ー

最高すぎて

ソラスズメが 食べられたー

恐るべき ギンガメアジ

こいつらー

暴君になる前に撤去だぁ

サブタンクへ ポチャン!  まだ使いたくなかったんだけど これにしか隔離できない

病気にならなければ良いんだけど



しばらくして

皆 餌に反応した 食べた さすが マリンさん

いつもながら 状態が 良いですね。

前回のアジも 元気にしてるし(メタボアジになってますけど)


自家採集 2008/9/17

ひさびさ~~

フィッシングー

昨日なんだけどね~~

児島の某漁港

目の前 ア マ モ 場

うんうん いい感じ~

ゆりかごだぁ!!!

狙いは 雑魚 雑魚

結果は

チンチン 8cm 4尾
セイゴ 12cm 1尾
キュウセン 赤 13cm 1尾
       青 16cm 1尾

ぼちぼちだね

青は リリース

後は 水槽にチョッコー

今日はチンチンが餌(クリル)を食べた こいつら 警戒心ウスー

普通3日は掛かるのに まぁ 楽だから いいやっ

(ちなみに チンチン=クロダイ当歳魚だからね!)



サブタンク

サブタンク

水槽   ニッソーW60D30H36
水流ポンプ Rioフィルターセット3(Rio600)
バイコムバフィー 1本
活性炭 キョーリン カーボンパック


ライブロック 400g
サンゴ砂 細目 4Kg
 
 タンクメイト
カサゴ 15cm 1尾
ギンガメアジ 12cm 2尾
クロダイ 8cm 1尾
スズキ 14cm 1尾
キュウセン 赤 14cm 1尾

砂虫
シラサエビ
クモガニ
ムシロガイ

放置プレー水槽なんだよね~

メインタンク

2008年9月現在

メインタンク  アクリルW60D45H45
外部ろ過   エーハイム 2078
濾材      エーハイメック レギュラー
スキマー   プリズムプロDX(油膜取りをスポンジに交換)
クーラー    ゼンスイ ZC-700
ヒーター    GEX コンパクトスリムヒーター300W+カバーS
蛍光灯     GEX クリアライト CL-632 2台
蛍光管     興和システム 1700K
                   BB450
                   RB37
                   BG32
水流ポンプ   マキシジェットMP1200
海水館さま  活性底面BOX 還元ろ過
                   CAリアクター

ドクターラボ

ライブロック 7Kg
サンゴ砂 アラゴナイト 2kg+6Kg

タンクメイト

サンゴ
 アザミサンゴ
 キクメイシ
 カクオオトゲキクメイシ
 ハマサンゴ
  ミドリイシ
 キサンゴ?
 キクメイシ?2個

アジ 13cm 1尾
アオバスズメ 4cm 1尾
オニオコゼ 4cm 1尾
クロダイ 8cm 3尾
コガネキュウセン 5cm 1尾
シマハゼ 3cm  2尾
ソラスズメ 5~2cm 5尾
?ハゼ  3~7cm 7尾?
ボラ   5~8cm 4尾

砂虫
イソスジエビ
エビジャコ
ツノモエビ
?エビ
?ケヤリ
イバラカンザシ
ホンヤドカリ

マガキガイ 4個
ハナビラダカラ
ムシロガイ

て 感じですかね



 
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。