スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンゴ達

本日はサンゴの状態記録

ミドリイシ ポリプを伸ばし満開状態が続いて生きてる
蛍光灯直下10cm
硝酸塩は30~50 リン酸は不明 
一時期 フォスフェイトリムバー 活性炭を入れるも病気治療中にて1ヶ月間抜き取り
調子が落ちるか 微妙なところ
色は緑から茶色に ヨウ素添加したら 光の直射する部分のみ緑に戻る
メタハラにしたほうが良いのだろうが まだしばらくはこのままにする
光の弱い部分は剥げだしたが広がりは無いので放置チュウ


カクオオトゲキクメ
これは アミーゴで処分特価 ライブロック扱いで購入
色合いがパステルブルーと茶色のミックスで人気無いためだろう
いくつかポリプが落ちていたが回復しさらに成長してる

キクメイシ (カメノコ?) これもラビータでライブロック販売分
かなり弱っており半分近く落ちたが残った部分は落ち着き ポリプの中央が緑に色上がり
成長も鈍いながら始まってる

ハマサンゴ イバラカンザシで売られていたもの
どちらも環境に慣れるまでに 半分近くは落ちたが ポリプを満開にさせたり
膜を張って縮んでいたりと 気まぐれな様子 剥げたりはしないので ときどき水流を当てて膜を飛ばしヨウ素添加する 色上がりさせれば緑に色上がりする

アザミサンゴ 共肉がすべて剥げポリプのみになったが ポリプの勢いは落ちない
スイーパー触手は伸ばさなくなり配置は楽になった ポリプ周りに石灰分の沈着があるので成長の兆しはある 茶色になったが ポイントの触手の先の蛍光緑は ヨウ素添加 通常の3倍以上で回復が早まるのを確認 ストロンチウム添加は規定量の半分 特に問題無しだ

ハナヤサイ これは撤去 共肉 ポリプの剥げが止まらず 

キサンゴ?ポリプは知らない間に成長 好日性らしい


キクメイシ? 成長はしていない
ただ 導入時よりは回復 ポリプが非常にふくらみハナガサショートを想像すればイメージが近いと思う 最大3cm弱伸びる
これは 想像以上のサンゴだ成長速度は甚だしく遅い ポリプだけ見ると グリーンぽいブルーに仕上がった 通常生息域的に 茶色  直射日光を直に浴びるし メタハラが必要かも
蛍光灯でも飼育環境では問題ない 餌はクリル 配合餌等 何でもいける別に 餌が必要なわけでも無さそう
はっきり言って 干潟のイソギンチャクに近い強靭さがある 転がって泥まみれの状態で藻にも塞がれる状態だったのに よく回復したものだ 

魚とサンゴの同居どこまでいけるか 試しています

スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。