スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例年より

一番のお気に入りポイントに行くと…

進入禁止になってる…

どうも通路の舗装部分が陥没していたようだ

前々から危険は感じていた場所だったのでとうとう落ちた状態だった

それはさておき採集記録をと

潮位10㎝
例年 大きめの根魚が捕獲できる潮位なモノで今回は岩組 岩場をメインに行動

実績ある場所を中心にサデアミとタモで追い立てながら攻めるが
メバル稚魚 ギンポ ハオコゼ クジメばかり諦め気味になり
煙を入れて一休み 後30分で暗くなり退散と言う段になり何気に
岩組を探るとカサゴ8㎝が居た
すると数メートル先にバシャバシャと水音が まさかなぁと回り込み覗くと
見たことのある魚体が…

か・さ・ご 

それもサイズ20cm?

水深2~3cmでぇ?

残念ながら岩の隙間に吸い込まれ捕獲不能に

一歩遅かったなあ

また再度 何度もかき回した後だったが一番ヒット率の高い場所に行くと

出たよ カサゴとムラソイ 
サイズは小さいが13cm前後
クジメは15㎝位
釣りでは 釣れないが タモでは捕獲できるフシギな場所
ただし 潮位20cmを切らないとどういう訳か捕獲の確立が格段に下がるので
5月後半から7月前半までの期間限定ポイントである

今日の成果
メバル8cm 5尾
カサゴ 8cm・13cm
ムラソイ(黄金系)13cm
クジメ10cm
ギンポ14cm
CA3C0295.jpg

例年よりも寄付きが良い やはり通常の進入口の閉鎖で立ち入りが激減した効果だね

メインタンクは再び危険な根魚水槽に逆戻り 
CA3C0318.jpg
CA3C0317.jpg


ちなみにルクールさん海水魚 全滅なり
CA3C0314.jpg

どうなる事やら 混沌とした水槽に戻りそう
スポンサーサイト

ティアラさん初体験

通販生活に傾いている今日この頃

また新たにティアラさんを初利用
セット販売でたまたまお買い得な また探していた組み合わせだったので利用してみた

内容は
デバスズメ5尾を柱にそれぞれ
イエローコリス1尾
ハタタテハゼ3尾
キャメルシュリンプ3尾
3アイテムのセット販売
いざ到着して 生体の確認をすると
全部生きてる スレも無さそう
感動したぁ
やはり こうでなくちゃあね

ただ一つ残念だったのは 安いから仕方ない
スズメダイSサイズとはあった
でも…
さすがに2センチ前後だと 餌になってしまう

隔離水槽を急遽設置した ニシガイ水槽の全換水と 手入れ

それだけかと思いきやおかしい?

黄色の粒が動いてる?

これは?

何???

イエローコリス!?
CA3C0312.jpg

サイズは無記載だったがベビーサイズ2センチ前後 流石にまいった メインタンクに入れられない

頼むからサイズはセンチで記載してくれと 心の中で大きく叫んだ 生体との対面だった

とは言え どこぞの通販専門店とは比べ物にならない状態の良さ

また次回はサイズ確認をした上でなら 再度利用しようかと

メインタンクには
デバスズメ5尾
ハタタテハゼ3尾
キャメルシュリンプ3尾
を投入
CA3C0308.jpg

ニシガイ水槽には
デバスズメS10尾
イエローコリス 1尾
投入

ちと予定外の事はあれど 無事に落ち着きそうな状態だね

高洲3

またまた行っちゃいました
今日は潮目が良く 大勢の方々が来られていました
高洲では潮が引くほどに広大な干潟が現れるのを見れた
沖合いに行くほどにアマモだらけで切れ目が見えない状態だ

今回の成果から行くと 
クジメ10cm 1尾
アミメハギ2~4㎝ 4尾
ウミタナゴ4cm 7尾
メバル6cm3尾
ハゼ 4尾
タツノオトシゴ2尾
ヨウジウオ14cm

エビジャコ 2尾
ワリバシエビ 3尾
コシオリモエビ
テッポウエビ

ヒメイカ

ウミヒルモ

アカニシ2個 ツメタガイ3個
アサリ モ貝 マテ貝 姫貝
タイラギ8cm ハボウキガイ28cm
アツムシロガイ

初めての獲物は ウミタナゴ 
釣りでは10数年前に釣って以来捕獲無しで 稚魚が網ですくえるなんて無かったことだ
やはり藻場の地の利があるのだね

海草は アマモ ウミジグサ ウミヒルモが大群生で採り放題だったが
メインタンクにアマモは収納限界だったので 成長が確認できている ウミヒルモの追加投入のために数本を採取 
CA3C0303.jpg

エビ類は抱卵個体が多い

毎回タツを2尾捕獲しているが餌の維持が厳しいので多分すぐに放流だ
CA3C0302.jpg

タイラギは水槽飼育には向かないが とりあえず 藻場の再現に近づける為に入れてみた

メインタンクのカレイ クジメ ギンポ ホソソメワケベラがこの数日で落ちたので30L換水して
メインタンクに投入した
貝類の大半は 胃袋行きで 砂抜きで隔離している

メバルはまた白点だらけなので 皮膚の弱いウミタナゴが心配だ

別に魚が近日中に追加ではいるが 水槽のキャパ限界を超えるかも
また後日 間引きで 放流しよう

メインタンク

現在のメインタンクデータ

水槽 ニッソー ランチュウ水槽 W900D450H300
水槽台 コトブキ アクアボード 900
外部濾過 エーハイム プロフェッショナル3e 2078
濾材 サブストラット プロ レギュラー 6リットル
    コトブキ バイオファーム ホワイトリング300g
    コトブキ バイオファーム ゴールドリング300g
    バイコム バフィー(菊花棒状)1本
スキマー プリズムプロDX
クーラー ゼンスイ小型クーラー ZC―700E 22℃設定
ヒーター ニッソー パワーセーフプロ300W
水流ポンプ マキシジェットパワーヘッド MP―1200
        ECO MOD Large
メタハラ ランプネットワーク SEAPRO250 サンホワイト 
                  シープロ250専用バンドア
      ニッソーウイークリータイマーNT200 8時間点灯

      ランプネットワーク スーパークール 115セット マリンブルー ワイド型(散光) 
                  スーパークール115用バンドア
      リーベックス 24時間プログラムタイマー PT24 5時間点灯
アーチスライド 900+アーチスライド用吊り下げフック
CO2システム マーフィードCO2フルセットスマート
          アクアシステム CO2 ボンベスタンド
          ASD ボールバルブ(BVU20-0606)
断熱材 テトラ 断熱シート30以下水槽用 2枚
仕切り板 ナンカイ タンクセパレーター 厚板 L―2型

底砂 サンゴ砂 2kg SSS
    ドッグイヤー 海水アラゴナイト細目1.5kg×2
    レッドシー アラゴナイト サンド#0 4.5kg (パウダータイプ)
    ろ過一筋 匠 海水用
    エボリューション 海泥ソイル 2.5L×3
    上記をミックス
ライブロック+デッドロック 約6kg
人工海水 アクアテック ニューソルトアクアーレ 100リットル用

添加剤
 カミハタ アイロンサプリメント(鉄分添加剤)マリンプラントフード(栄養剤)
 メネデール
 アクアシステム マリンバランス 500ml
 リーフサクセス マグネシウム
 Leaf Corp I.O Drop アイオードロップ ヨウ素ボール 50g
 H&S STORONTIUM/MAGNESIUM
 タカラ 有機本みりん


 ホワイトシュリンプ レッドプランクトン
 シュアーM オメガワンマリンフレーク

生体
サンゴ 
 キクメイシ
 カクオオトゲキクメイシ
 キクメイシ?
 ハマサンゴ
無脊椎その他
 ホンヤドカリ アシナガヤドカリ ケアシホンヤドカリ
 テッポウエビ
 砂虫 イバラカンザシ3個 ゴカイ類不明種 約5種
 カイメン 不明種
 マナマコ
 バフンウニ
 ホヤ 不明種
 ウミウシ 緑色 不明種

 タイラギ オオヘビガイ3個
 アツムシロガイ20個 ハナビラダカラ12個 ヒザラガイ 種不明1種

 イエローコリス2尾 ハタタテハゼ2尾 ホソソメワケベラ2尾 カサゴ3尾
 メバル11尾 カレイ2尾 ヘビギンポ クジメ2尾 ギンポ2尾
 イカナゴ ?尾 常に底砂に潜っているので尾数不明 
海藻
 紅藻 2種
 緑藻 3種
海草
 アマモ17本
 ウミヒルモ
 ウミジクサ
 
まだ不明種多数

生体購入

先日 暴れん坊のユカタハタをラビータさんで引き取っていただいたので水槽の中は平和な環境になった
そこで 以前から入れたかった生体を物色していたのだ

アミーゴにて ハタタテハゼとイエローコリス購入
ハタタテハゼの体表が妙に色の変化がおかしいと思えば ハダムシが付いてるし
淡水浴していてよアミーゴさん
イエローコリスは水槽環境に慣れていたらしく すぐに遊泳してる


久方ぶりにルクールを見ると 気になる生体が
ただ生体の状態の安定しない事で定評があるので悩むものの 頭のネジが飛んだ私のこと

負けの判ったギャンブルをしたよ 
内容は 
沖縄産デバスズメ この数日の雨で水温低下して状態が落ちたとの事でキャンセル

カサゴ稚魚 状態的には普通かな
ただ1尾は致命的なえぐれた様な傷が 確かに死着ではないが数時間後には…
やってくれたな さすがルクール 必ず状態激悪が入ってる

沖縄産ホソスジワケベラはまあ 平均的な状態

餌用アミエビ浮遊性は状態は悪くない
タツ飼育の餌は噂通り良好だった サイズも程よい大きさで利用価値はあるね

やはり魚の生体は 期待は出来ない ギャンブル感覚での利用をしないと精神的に悪い
普通のショップとは違い 出来るだけ入荷直後の状態のほうが逆に持ち直しやすいかもね
生体の数も途中で落ちることも換算して多めに頼み 送料 梱包料を含めると 
やはり 見た目は他店は高く感じるが 実際の数日後、1ヵ月後の生体価格は
ルクール激高値で落ち着くね


メバル採取

今回は潮位20cm
午前中 風が強めだったが 夕方には落ち着いた

天候が前日雨だったため ハゼ カレイはほとんど居ない

ガラモ回りに ギンポ アナハゼ クジメ メバルが居たくらいで不発だった

カサゴ タケノコメバル ムラソイ ベラを狙っていたもののかすりもしない

前日が晴れていたなら寄り付いていたのだろうが

岩場回りはワカメだらけで メバルが隠れている

今年はワカメ拾いの方が少ないのだろうか 前年の倍は残っている


成果 
メバル 5~7cm 6尾
クジメ 5cm 2尾
ギンポ 7~9cm 3尾
ヤドカリ7個
テッポウエビ1尾
アツムシロガイ 20個


メインタンクに投入

それに伴いユカタハタを隔離した ラビータさんに引き取ってもらいに行く予定
暴君過ぎて ベラの導入が出来ないために近海魚水槽に切り替える

  

ビッグフィッシュボックス内

メインタンクに設置中のビッグフィッシュボックス
ハタの噛みつきが激しいのでメバル育成用に使用中
現在 ホワイトシュリンプ オメガワンを給餌
白点にはかかっていない
追いかけっこはするが 致命傷になるようなかみつきはせず 
つつくだけのようで ヒレの先もきれいなまま保っている

水深が低い水槽で使用するとストレスは少ないのだろうか?

以前の60水槽で使用したときより安定している

メインタンクに直接入れた カレイは3尾だけ生きているが 餌は食べない

キュウセンは出てこない 砂に潜ってるだけならば良いのだが 

イカナゴも まだ活きてはいるようだ 時々泳いでは すぐに砂に潜る
餌は何を食べるのか? 

ウサギケージ

現在の状態
ケージ
マルカン クリアケージM
中棚が付いているが 粗相をするので撤去した

ウサギのトイレを入れてみたものの あまり利用してはいない
チモシー入れに変わってる

トイレ砂は三晃商会ウッドリター お徳用 7Lを使用
尿を含むと砂の粒がおがくずに戻るのだが サラッと器具に張り付かずに捨てられるので床材に利用中

かじり木 ひっか木フェンス3枚
これが無いと やたらめったら ゲージをかじるので 取り付け中
歯とぎや爪とぎにもなる様だが すでにボロボロに 

チモシーは ラビータさんにて常時特売の マルカン 牧草物語ロング 1kg
長い牧草なので すのこの下に沈む量を多少は抑えられる


主食には イースター どうぶつ村 ラビットフード ソフト

水入れ 
マルカン ハンガー食器
餌入れ
マルカン ハンガー食器プチ
また いつぞや 店で駅弁大会があったのだがその時に買った駅弁の 釜飯の器

ウサギの様子は まだ触られる事には慣れていない 
時々 交尾はしているがまだ 増えない

オヤニラミ水槽

オヤニラミ水槽の住人
オヤニラミ1尾
ウナギ(鉛筆サイズ)2尾

餌用に入れていたブツエビは水流ポンプのロックで全滅していた水質激悪の中でよく生きていたものだ
全換水をしてクリアーになった

赤虫 ホワイトシュリンプを食べている

餌やりだけの ほぼノーメンテ状態で維持している

器具は
Rioフィルターセット3
蛍光灯

底砂 
田砂2kg
ドッグイヤー ろ過一筋 匠 淡水用

アクセサリ
コトブキ クリアート CLEART キューブブロック
メーカー不明品
引っ付く流木 3個
レジン製 流木2種





CO2添加

チャームさんにて
CO2フルセットスマート+新瓶ボンベ74g10本+CO2 ボンベスタンド
ボールバルブ(BVU20-0606)
マリンプラントフード
アイロンサプリメント
マリンバランス 500ml
メネデール 水草の活力素
I.O Drop アイオードロップ ヨウ素ボール 50g
購入したが
効果のほどは???

換水が一番かもと思い直すも 添加した以上しばらく様子見しようかな



GWに入って 散財続き 

PC周辺では
HDも2台増やしたし
データ復元ソフトに
ノートPC

ウサギ飼育も開始

頭のねじが吹き飛んだ 1年になってるかも

メバル採取&タツ放流

タツ水槽の餌代維持につまずきタツ水槽をたたむ事になりました
タツはすべて自家採集瀬戸内海産だったので近所のタツポイントに放流する事に
ハッチアウトまで見れなかったのは残念だったが 
また自家採集の機会はいつでも採集できるので 無理はしない事に

あわせてオニオコゼも放流とした 
こちらは約1年 捕獲時より約4倍のサイズに成長した
稚魚期の特徴 成長過程も見られたので もう逃がす事に
苛酷な環境でも良く成長に至ったものだと感心する

タツ水槽は現在 ニシガイ水槽に切り替え
数個を残しおいしく頂きましたが 残りは小さいので調理が面倒なだけだったりする


メバルは全滅 水温変化と白点病に負けた



今回の採集は 雨上がり後だったので不発

全体として アマモは成長が小休止状態

ホンダワラの大半は底に沈みヨコエビ 小エビなどが群がってる
岩場の周囲はまだホンダワラの成長は止まらず広がってる
転石周りはもうホンダワラには見えなくなった

ワカメ類はまだ成長しているが きれいな状態で取れるシーズンはそろそろ終盤になるかな

前回採集時に邪魔になったヒゲ藻類はきれいに無くなり ミル類が増えてきた


成果
メバル5尾 5㎝
クジメ2尾 6㎝
アミメハギ 3㎝
シマハゼ 1尾
ヤドカリ
アラムシロ貝

ワカメ おいしく頂きました 新鮮なワカメは茹でると 
目の覚めるような緑色になるんだよね 
最初はあまりに鮮やかで逆に 食欲がなくなったものだが
食べてみると ついつい箸が進むもので 味噌汁より
刺身やサラダ 煮付けが お勧めな1品

メインタンク小改装

やっと念願のブツが到着

CA3C0268.jpg
ここまでの改装が前回までの状態だが

今回のブツにより

CA3C0273.jpg
このようになりました

判りにくい?


では
CA3C0274.jpg

これだよ!これ! 

SEAPRO 250 サンホワイト

SC115 マリンブルー散光

どちらもバンドア付きにしたよ

で シープロの時間管理に 
ニッソー ウィークリータイマーNT200
取り付けスタンドに
カミハタ ア-チスライド900

ついでに餌が切れたので
シュアーとオメガワンも購入

今回は
フィッシュアイランド シマさんでメタハラを
チャームさんで その他を利用いたしました

結果として アマモは プクプク泡を出し始めた
蛍光灯では衰弱する状態だったが
これで成長するかな?
CA3C0275.jpg
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。