スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しくない大繁殖

ここのところきれいな赤色の体に 
白いふさふさの毛を蓄えた生物が頻繁に出没している

見つけ次第にピンセットで撤去しているのだが一向に減る気配が無いんだよね

数日前に水槽のレイアウト変更のついでににライブロックのヒゲゴケを取る際に
掃除中 底砂に埋まりゴカイ類の棲管付きの岩を持ち上げると
((+_+))ウェエエ!!!!

赤色のおしゃれな子がびっしりと巣を作ってるよぉ

君はだれかと調べれば 

ウミケムシの御一行 
一つの石に20越えの大所帯なら総数は…
(ToT)/~~~アワワワワ…

急遽 すべての石を掘り出し 虫を撤去出来るだけ取り除き 
床上げ設置 大幅にレイアウト変更を余儀なくされました

噂には聞いたウミケムシのブルームに陥るとは…

逆にウミケムシが居るので白点から解放されたのか?
見つけ出した時期から病気にかかりにくなった気がするが
ヨウ素添加をしだした時期ともかぶるし

今現在は 触らなければ実害は無いのだが なんとも嬉しくない

痛しかゆしな状況でし

ウミケムシの除去の為に砂も石も総入れ替えなんて無駄もしたくないですし
それまで養ったその他無数の生き物を捨てるとまた復帰に時間はかかる
採集主体のアクアだから いつでも混入の機会はあるので 
生物兵器の捜索を開始!
見つかるかなぁ? 仮に見つけても 三すくみな関係になりそうな

甲殻類がウミケムシを食べきる前に 
甲殻類が魚に食べられてしまう方が速そうな
スポンサーサイト

お食事いろいろ

お食事のメニューも 個体によって変わるモノで
今の時期手に入るモノは
ブツエビ モロコ
通年使用可能は
シラサエビ 砂虫
配合飼料
シュアーS・M・L  オメガワンペレット・フレーク
冷凍飼料
レッドプランクトン ホワイトシュリンプ
等々になる

冷凍飼料は基本 稚魚 もしくは餌付きの悪い時のみのつなぎに利用

砂虫は釣り餌の余った場合に投入するが 大半はすぐに底砂に潜ってる

現在 ハタ類・タケノコメバル・クロソイ・セイゴ は活き餌のみ捕食

チヌ・カサゴ・アミメハギは活き餌・配合飼料のすべてを捕食

メバルは不思議と 活き餌派と配合飼料派に分かれる
1歳魚と 3歳魚の1尾は配合飼料を優先的に捕食
2歳魚と3歳魚の2尾は活き餌のみ捕食となる

クロホシイチモチは シュアーLか ブツエビは食べてる

イトヒキハゼは最近恥ずかしがって出てこないが 常に腹は膨れている
配合飼料も活き餌も食べてるのかな?

ハリセンボン 食事マナーが… エビ類のみ食べるのだが 
一度口に含み クチャクチャ噛んでは吐き出しを繰り返し やっと飲み込む

サブタンクのキチヌは順調に成長している
ホワイトシュリンプ シュアーを主食として与えるが 1日2回腹がはち切れんばかりに食べてるよ
さすがに成長の差が出てきて2cm平均で捕獲後 3cmから5cmほどに成長 更に差が開きそうだ

デバはシュアーよりホワイトシュリンプが好きみたいで捕食時の興奮ぶりが全く違う
まさに狂ったように食べてるよ(;一_一)

 

とうとう 採集不能かも

潮位15センチ

潮は良く引いているが魚は少ない
冷水性のメバルは水深のあるガラモ付近で群れている
波打ち際にはハゼが少々
ゴロタ石周りは付着性の生き物のみ
アマモ周辺は付着性アミエビ アミメハギ コシオリモエビ
まだヒメイカが出て来ないので
タモを片手に自家採集も休漁期に入ったかも

ヘビガイを数個拾い 今年のタモ採取は終了しました

ちょっと調子が

最近 水温を低く落として 18℃設定に変えたのだが
魚は調子が上がったようで メバルは体色が戻り 成長が進み出した
だが キクメイシとカクオオトゲキクメの共肉が所々剥げだしてきてる
やはり低水温に長時間は耐えられないのか?
換水時の一時的な水温低下には耐えられたが そろそろショップに持って行こうかな?
もともと 落ちる寸前でライブロックとして販売されていたモノだった 良く持ち直したものだが
水槽の方向性も変わったので ちょっと足かせに変わってきていますね

キクメイシは半分カイメンやゴカイ系の水質安定に必要な生体もいるので割ってしまわないと分離できないし

さて どうしましょう

お魚 導入

帰宅後

ドルフィン様にパッキングをして頂いていた中身をチェック
無事だ 水の白濁も無い

まずデバスズメをサブタンクに避難させる
比較的簡単に捕獲 移動できた

次にメインタンク内 隔離ケース内のセイゴ メバル等を解放後

ここからパッキングから一つずつ生体を出しメインタンクに収容

CA3C0556.jpg
アカハタ15cm1尾
CA3C0558.jpg
オオモンハタ18cm1尾
CA3C0560.jpg
クロホシイシモチ4~7cm22尾
コクチフサカサゴ14cm1尾
CA3C0561.jpg
イソカサゴ6cm1尾
CA3C0563.jpg
このように収容されました
今は活き餌を食べるようになり 病気にもなっていません
ドルフィン様の生体管理の良さに感激の導入です


本日の
メインタンク換水60L時 多少暴れましたが 回を追うごとに慣れるでしょう
サブタンクは換水24L 
デバは元気 キチヌは数尾落ちて ウオノエを引っ付けているが成長している

鉄分補給にFeエナジーを投入
水質浄化にみりん7mm添加

串本に行く

夢市場ドルフィン様と別れ南下をする

海はべた凪 風もなく釣りには最高な天候
海を眺めながら走行 時々良さそうな場所が見えるが あまり寄り道をすると串本着が遅れるため流して見るのみ ちと悲しいような

途中尾鷲あたりから 海沿いの道から離れ 42号に乗る 山道を進むと 海が見えだし
見渡す限りの砂浜に水平線 やはり 太平洋の眺めは心沸き立ちますね
CA3C0550.jpg

熊野灘の七里御浜は長く続き 日本の砂浜減少が有るのか?と錯覚するほどに広大で素晴らしい眺めですねえ
道の駅パーク七里御浜にて小休憩 土産コーナーを見るとオレンジ色の物体だらけ
ミカンが特産らしくミカンにまつわるモノばかり ミカンなんてどこもかしこも山積みに並んでいた

意外な発見は この道の駅の奥側は 普通のスーパーとホームセンター並みの生活用品の充実
生活の一部に溶け込んでいるね 思わず アイテムチェック 価格設定 集客力と売り上げ予想 客層等々計算する自分が居て苦笑い なんで遊びで仕事を考えるのか?駄目だねえ でもやはり生鮮チェックはしてしまう 後、重要チェックはトイレだったりする トイレの汚い店は…だからねえ
CA3C0549.jpg

いくらかお土産を持って帰り 再び串本に向かう

しばらく進むと 道の駅紀宝町ウミガメ公園?
そうか ここは数少ないウミガメ産卵地だ 触れ合いコーナーもある
亀好きにはたまらない ウミガメスポットだね

稚ガメを育ててみたいね 大きく育てば




ウミガメは食べられるんだよねぇ ウミガメ料理なんて無いのかなあ?
30年前に見たテレビではアカウミガメの捕獲から解体 調理していたなぁ
(^^♪

時間が無いのでスルー ひたすら走る いたる所に良さげな磯に港 釣りにタモ採集をしたいなあ

岩場の続く場所もあり 大潮のタイドプールに強烈に魅かれるね 数人、網に袋を持ち採集されていたよ

なんやかんやで4時間ほどかけ
串本に着き
いざ海中展望台に


ム~ン

開いていない?

時間?

アウゥー 15分遅れ!?入れませんでした(+_+)
CA3C0552.jpg

もはや周りは暗くなり 心も暗く いざ帰路に

途中 仮眠を入れるが結局12時間かかりました

ナビに再び 大型通行不能な道を誘われ大きく迂回もしたんだよねえ

まあ魚も体も無事に着いたから

ならば良し(蒼天航路曹操風) かな?

続く (やっと今回のお魚話だ)
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。