スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界かも

メインタンク
サブタンク
マリリン水槽
ウナギ ヨシノボリ水槽
共に水質良好(メインタンクは富栄養気味)
濾過もトラブル無く メンテナンスさぼってます

あまり増えてほしくないウミケムシも安定していたるところに発生
間引き程度にアローヘッドクラブがお掃除しています

底砂はテッポウエビに掘り返してもらい活性化してる



何も問題ないと思って居ただけで

とうとう 来るべきモノが来てしまう



万が一に備えが必要なのがアクアリストのたしなみと つくづく感じる
(どこぞの インフラ企業と政治家 利権つながり と司法は万が一の備えは糞喰らえで国際犯罪的な事象でグダグダしていたなぁ あれだけ危険の警鐘をありえない事柄と一笑にふし ガン無視していた人災で逮捕者すら出ないなんて)
それは一時置いておいて

以前から不具合の発生していた外部フィルターが再びお漏らししだした
一度修理に出して一年経たない内にメンテナンス後のお漏らしはいつもの事 あきらめていたのだが

そろそろ お漏らしが止まらない 末期症状かも

幸い エーハイ…は衣装ケースに入れて 万が一のお漏らし対策をしていて 無事、床に水溜まりは防いだモノの根本的に対応しなければ

次のフィルター買い替えを計画中です


スポンサーサイト

2ペア

今年に入り 共生ハゼの飼育に挑戦

ハゼ 4種
ヤノダテハゼ
ギンガハゼ
ニチリンダテハゼ
ヤマブキハゼ

テッポウエビ5種
ランドール 1尾
ニシキテッポウエビ 4尾
コシジロテッポウエビ3尾
テッポウエビ2尾
イソテッポウエビ3尾
メインタンクにすべてを入れている

ハゼとの共生は特定の組み合わせが基本的だが すべての組み合わせが可能のようで 多少は入れ替わりが発生している


テッポウエビもある程度の匹数が入ると自然にペアを形成
ニシキテッポウエビは2ペア
コシジロテッポウエビは1ペアと つがいになった様だ

単独に巣穴を作っていた頃は探すのが一苦労だったが

ペアを組むと仕事量が飛躍的に 砂の運び出しが増え
更にハゼとペアを組めば
どこで 巣穴を形成しているのかが 一目で判る様になる

次は何が入るかな?

動き出した

赤ちゃんうさぎも生後20日を過ぎると毛がフサフサして目が少しずつ開いてくる 白っぽい黒目でまだ視力は弱く対象物を判別出来ないが 数日経てばスッキリクリアな黒目になり 何を見ても興味を示し歩き出す

生後25日で少しずつ 飛び跳ねたり 親の食事姿を真似たり 動きが活発になり
そろそろ赤ちゃんから子ウサギになるね
もうすでに子ウサギ同士じゃれていると思えば 数羽でかたまり寝ている
自由気ままだ

ここから一気に成長が進むし 少々触ろうが 子ウサギの育児放棄にはなりにくいだろう

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。