スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時期なんだねぇ

時期のモノを捕獲に いつもの場所へ

夏の日曜日 日頃ガラガラのひなびたビーチが人で埋まってる
ジェットスキー バーベキュー 子供やおばはんが泳いでる
採集をする場所が無いのでちょっと移動

こちら側もそれなりに多い 
この場所は、はだしだとカキ殻で足を切るのだが 見るとちゃんと靴を履いて泳いでた
干潮の時間には 波打ち際が泥地になり、泳ぐには宜しくないんだが楽しそうにしてるね

自家採集は ほぼ外れ知らず 
過去の海水魚飼育・採集ノートを大事にしまい過ぎて 見つからなかった頃は困ったが
とにかく足繁く行き情報収集で
ブログに時期の傾向を残してからピンポイントに狙いやすくなった事も大きいね

今回は

メバル カサゴ タケノコメバル ハオコゼ クジメ ナベカ ヘビギンポ
クサフグ コケギンポ ハゼ ネズッポ アミメハギ メジナ等
甲殻類
イソスジエビ アカシマモエビ エビジャコ コシオリモエビ 
オサガニ テッポウエビ イソテッポウエビ ホンヤドカリ
海藻・海草
アマモ ホンダワラ アオサ 

メインの獲物 チンチンも4尾ゲット 
       おまけに尻ヤケイカ(コウイカ)2尾

アオリイカは寄りついて無さそうだが 8月になればチャンスも増える

今年はクラゲが極端に少ない 海水浴をするなら盆までに行かないとね
  
スポンサーサイト

多少の変化

アローヘッドクラブが抱卵していた

アローヘッドクラブを時期をずらし通販で2尾購入すると たまたま♂♀つがいになり
カニ袋虫(カニの腹部に寄生し生殖能力を奪う)も付いていないので繁殖も可能かな?と思っていた


数週間前に交尾らしく絡まっている姿を見ていたが 脱皮していない
通常 脱皮後に交尾する筈ではなかったのかと そんなに気にしてなかったが
実際に あれが交尾だったのだ

卵の色合いは薄い黄色で透明 濁っていたら死卵だから ゾエアのハッチアウトまでは進みそうかな?

エビもヤドカリも 何度かゾエアを放出してきたが それっきりで
稚エビもヤドカリも見ない
ゾエア メガロパ等甲殻類の幼生は 設備的にも餌の確保も無く飼育不可能なので 稚ガニを見る事は無いな


その他の変化は ヒゲ状の藻類の成長は減衰し
ツタ類の海藻 紅藻 トサカノリが トリミングが必要な程度に増えた




水槽立ち上げ

先日の メインタンクオーバーフロー稼働準備も出来たので仮始動

400Lの海水を作り作動

1500水槽の設備は ほぼそのまま維持で

1200水槽の揚水にマキシジェット1200で水を回す

1200水槽には 近海産海水魚を収容



現在、総水量は約1000L程あり 間接的にも日光を当てているので
水温維持にZC-700のみでは間に合わない
更に好日性サンゴの維持にメタハラ シープロ250を8h点灯すれば余計に水温を上げる
現状
室内クーラーで24度設定 24時間冷やして かろうじて25度付近に維持している
中国地区で良かった 夜勤生活で 昼間寝る為にも必要なんだ

節電には 

スキマーとスーパークール150は撤去
補助濾過槽の 上部ろ過も撤去

室外には ゴーヤを植えて 水はクーラーから常に出てくる水を引き込み水やり

久しぶりな自家採集

今年は生体の購入は増えても 近海産の魚は ほとんど採取に行かない状態です

水槽の余裕も出来 前回の水槽崩壊の原因の水温上昇も防ぐ準備が出来たので自家採集に行く事に


物凄う暑い

お日様 ギンギンに仕事してるね

濁りが入っているのでチンチンが寄りついて居るかもと期待したが不発 1尾も居ない

メバル カサゴは相変わらずによく採れた 10数センチの個体も数尾は普通にタモで採れる

ボラの稚魚が集まりいたる所で群れを作っている

カレイ コチの寄り付きが悪い セイゴ ハオコゼがほとんど採れない

カニ テッポウエビ スジエビは活発に動き 魚よりも遭遇する気がする

アマモが2カ月見ない間に繁茂して藻場とは呼べない規模だが少しずつは被覆の規模が増えてきた

ミズクラゲが大量に寄っているが 前回大量に寄っていたアカクラゲは消えていた

今回の成果

カサゴ 4尾 
メバル 4尾
ムラソイ
ボラ稚魚 10尾
アゴハゼ
ナベカ

 

新規水槽

やっとメインタンクに接続使用が出来そうな水槽が見つかった

サイズ 1200w 600d 450h
アクリル水槽 サンプ用に使用を考え購入
状態は良好
小傷もほとんどない 割れ ヒビ クラック無し
板の接続も目立って空気も入らず 剥離も無し


画像は取り忘れた 

設置場所の水槽撤去
水槽台は60規格用の水槽台を田の字に4本並べベニヤ板を敷き設置

接続の配管を あくまでも仮組みなので塩ビ接着材は使用せずに
シリコン系接着剤で目張りをして 何時でも配管の組み直し可能になっている

しばらく接着剤の溶剤を飛ばす為に放置しています
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。