スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採取後の状態

アジ等採取後の持ち帰りの装備を一新した後の生存率の変化
以前は
クーラーボックス24L使用時 
10cmサイズ25尾 エアレーション分1L 中途換水10L 6時間がほぼ無事に持ち帰られる安全ライン

最大尾数移動時 10cmサイズ75尾 エアレーション分2L 中途換水20Lあり 酸素含有量増加補助剤使用 海水濃度2/3淡水希釈 活性炭2袋 
6時間後 生存40尾 1W後生存30尾

ローリータンク200L使用時
①一度バッカンに収納後 定期的にローリータンクに移し替え 海水120L最終入替後8時間
10cmサイズ110尾 エアレーション分2.5L 水流ポンプ使用 活性炭3袋 
水の白濁うっすらと白濁しだしていた
6時間後生存 100尾 1W後80尾 魚体の損傷多数 ひれの溶け裂けが目立つ


②直接ローリータンクに収納 10cmサイズ70尾 エアレーション分1.5L 活性炭2袋
水の白濁 無し
6時間後生存 70尾 1W後66尾 魚体ほぼ無傷


水流ポンプは使用しない方が魚体のダメージが少なかった
魚体のダメージを減らすために直接ローリータンクに収納
注水排水共にバスポンプを使用で バケツ注水よりもストレス軽減

車内スペースを犠牲にしても 水量と生簀スペースの広さを最大にとった結果 長距離移動での採取の可能性の限度をほぼ確認できた 

年内採取はあと一度の山陰方面鳥取 京都行き 計画で終了予定

 
スポンサーサイト

イドル大阪

イドル大阪に行ってみた
前回はアゾンの50cmはがないの肉をいったが 自分には今回特にめぼしい物は無かった感じ 気になるものは有ってもSD・SDCサイズを探してみたが購入までにはならなかった
場所移動 日本橋に行き 
ボークスにてSDC限定パーツ 誌上限定ウイッグの予約と撮影少々行い
日本橋周辺を散策 ジャングル だらけ ス-ポジ アゾン 
道頓堀は人が多い人酔いする 黒門市場 難波も行って 台風も気にならず楽しんできたぞ 1日ずれるとアウトだったが

ドール関連で何百人何千人規模で人が集まるイベントに行くと年齢も幅広く男女問わず意外に需要が有るんだと感じた
一度 イベントに行けば垣根はぐっと下がるモノだね 
でも地元の開催には行かないぞ多分 まさに近所であるけれど行かないぞ多分 定期的に12月に有るけど行かないぞ…もしかしたら 知り合いに会ったら何言われることやら でもドルパで同級生に会った気がするがいやまさかねぇ
初ドルパと 初で行った里でも遭遇したような いやいや他人の空似だ うん 知り合いなんて居なかったんだ

最初はドールなんて
(親しみやすい)プラモデル・玩具>>>(一般的な感性から離脱したかも)>>>フィギュア>>>(真人間終わったかも)>>>ちいさな女の子の為のおもちゃ=ドール(親しみにくい)と思っていたが
ネットのきれいな写真を見て触発され ほしくなり調べて 実物を手に入れてみて飾ってみて後 よくよく考えると貴族のコレクション(球体間接・ビスクドール)や市松人形 人形浄瑠璃等もあるし 一概に子供のおもちゃや いかがわしいオタクの類ではない 芸術や大人な世界の一部でもあるよね だよなと自己弁護する今日この頃 わずか数体のプラスチックの汎用版でもSD関係中心で維持に年何十万も吹っ飛んでゆく 損得気にしない まさに趣味の世界だわ 
最近新たに気になってきたが リアルなシリコンシームレスなんて6桁後半だもの これには手が出ない 置き場所もない 実際に実物を見たことが有るが デフォルメされたアニメ系とは違う 写実的な本物志向できれいだったよ そこに居る存在感も半端なくて 変態さんではなく ナクなった娘の代わりに 愛でる対象になるかもと思ったりした 
行けなかったが先日まで東京でドールカルチャー展なる催しもあったね



話は全く違うが 最近 AUが盛んに宣伝をしているAUWALLETを使ってみたが意外と使い勝手がいいプリペイドカードだ
自分銀行に入る手間は有るがいつでも入金でき 毎回すぐに入金額の5パーセントも上乗せで入金になるので日常の現金払いでの買い物をクレジットに切り替えるとお得な感じだ 注意点は常時残高チェックと 使用不可な店が少なくどこでも購入しやすいので使い過ぎないように節度を持たないと 実質お徳が吹き飛び 現金管理をしていた時よりそれまで以上に使う恐れがあるぞ
ガソリンスタンドでは使えないし
年末までの お得な感じかな

島根釣行

アカメの餌確保
昨日正午ごろに現地到着
ハタ類の稚魚採集に実績のある場所にて釣り開始
まずは生簀のローリータンク200Lに海水を入れる 今回からは前回のバケツで注水をして水を撒き散らした失敗を踏まえバスポンプの大流量タイプ最高揚程3.5m+5mバスポンプ用ホース(折れ曲がり・つぶれに強い)を使用
楽にきれいに作業終了

1本針のエビ餌 探り釣りからスタート 片天秤仕掛けを使っていたが最終的に中通しオモリでの仕掛けがアタリが取りやすくバレにくかった 
鯛子にウマヅラハギ・ヒメジ・ネズッポ・アジ・フグ・ササノハベラ・カワハギ・シロギス・キジハタ・イッテンフエフキ・ハオコゼが釣れる
ハタには今まで見たことがない寄生虫が付いてる 水槽に入れての蔓延は防ぎたいので魚へのダメージが大きい事は覚悟の上に目視できる範囲ですべて取り除く、ヒジキ虫よりも短いのでイカリ虫のようだ
淡水性のイカリ虫より摂りつき部分が凶悪 足が倍ほどに大きいは食い込み部分が淡水型の3倍は強く広く深く食い込んでいる
ネットで調べると今までいなかった寄生虫だったが今年になり急に広く蔓延したらしい

サビキ釣りも並行してやる
アジ子・ウマヅラハギ・鯛子・スズメダイ・メバル・サヨリ・アイゴと釣れた
今回はアジ子がメインに釣れている アカアミを撒きながら一度仕掛けを底まで落とし仕掛けをたるませると高確率でアジが喰いついて来た 普段は表層から中層が多かったのだがサヨリが多かった影響かな?

かご投入 エビ餌を入れる
イシガニ ヤドカリ

持ち帰り
アジ子40尾 10~15cm
ウマツラハギ5尾 12cm
鯛子3尾 5~8cm
サヨリ3尾 18cm
キジハタ2尾 7cm 10cm
イッテンフエフキ2尾 7cm 9cm
ネズッポ 10cm
メバル 8cm
ヒメジ 11cm
シロギス 2尾 18cm

帰る前に 海水をほぼ全量換水 活性炭2袋投入 100Ⅴ電源エアレーション1台のみ 水流ポンプは今回使用せず
ライトを常時点灯して途中の点検をしやすくしてみた

シロギス以外すべて無事に水槽の中に入る
メインタンク
アジ子40尾 
ウマツラハギ4尾 
鯛子3尾 
サヨリ3尾 

サブタンク
キジハタ2尾 
イッテンフエフキ2尾 
ネズッポ 
メバル 
ヒメジ 
ウマツラハギ 
ヤドカリ2こ

サヨリ 翌日に全滅 活かして帰ることは可能だとわかった 後は釣りあげてからの扱いを丁寧にすれば多少は生き残るかも
ハタ 傷口は痛々しいがまだ生きてる

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。