スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月は

今月は 
娘の七五三と 誕生日だ

ひっそり 主役の居ない誕生日のお祝い
何度も繰り返した

まだ産まれた日の事 離れるまで一緒に生活していた頃の事 
昨日の事の様に 思い出す

今 そばに居るなら 何をしてるだろう

自分の娘にも会えない 裁判所は当てにならない

面接交渉権と言うものが有ると小学校で社会の授業で学んだが 大半は実行されないそうだ

というか それ自体 認められないそうだ

生活の場を混乱するから 子供が戸惑うから 精神が不安定になるから 会わせないと言う

物心付く前なら ほぼすべての権利は母親のもの
優先権は自動的に 母親に発生するそうだ

ふれあう機会を奪われて  

泣き寝入りしろと 調停の場でも強要された

結局 何をしても 奪った者勝ちだそうだ

このもやもや いつになれば なくなるだろう


娘に会える日なんて 来るのだろうか

不安で 黒い気持ちに潰されそうにもなる

成長の軌跡も 好き嫌いも 喜びも 日々の生活からも 切り離されてる

娘も 父親の事は何も知らない 物心付く以前に奪われたから

こんな気持ちで過ごす父親は いくらほど居るのかな?


娘に会いたい

一緒に過ごしたい

この気持ちは 未練の一言で片付けられるものなのかな?

この言葉を吐いた 裁判所の関係者 警察関係者への憤り まだまだ晴れない


ただ 娘の成長を見守りながら、ひっそりと平穏な生活したいだけなのに


娘には 捨てられたと 怨まれてるだろうなぁ
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。