スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キュウセン

サブタンク

キュウセン稚魚 
白点病が発生したり消えたりしているが 特には致命的な発生にはなってはなさそうだ

アミメハギも安定しているのか まだ活きてる 以前はすぐに死んでたのだが
腹がパンパンに膨れてる 何か食べるものがあるのか? 
海草があるのが良い結果に結びつくのか?
人工餌には反応しても 捕食まではいかない

タツノオトシゴも小さいサイズはレッドプランクトンに反応 捕食を始めた
今回は 1尾も落ちていない 擬態のビロビロは 消えて通常のタツに戻った
海藻の種類を変えたら また擬態の発達するかな?
体色は良く変わる 黄色っぽい色合いからグレー 黒っぽくもなる
光や 付く海藻の色に合わせているようだ
小さくても 1週間は餌が無くても状態はほとんど落ちてないようだ

水は濁りの発生は無い
意外にきれいなので びっくりしている
海草の腐食が好結果をもたらしているのか バクテリアの相性も良いのか?
一緒に入れた ガラモの切れ端も 光量が少ないのに少しずつ成長が始まった
水質の数値的な情報は 検査薬が無く判らないが 悪くはないのだろう

トゲアメフラシも生きている
何を食べてるのか知らないが もそもそ動いてる
背中の割れ目は わずかに開いたり閉じたりしている
光の当たり加減で ブルースポットがきれいに見える
普通に地味な茶色の体色なんだけどね
まだ小さいから可愛いけれど 大きくなれば邪魔になるのかな 10cmほどに成長するはずだが

水温は18℃から22℃を保ってる
そろそろヒーターが必要になるが 採集地の最低水温は10度辺りだったはずだから
まだ大丈夫と思う 干潮帯の水温はよく変動するしね
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。