スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活け餌しか

サブタンクのギンガちゃん
選り好みし過ぎ
生きてる餌にしか反応しないの 
本日もシラサエビ購入
このままだと 財布に厳しいぞ
ここは 
禁煙するぞっと

活き餌の大半は 自家採集でまかなってるけれど
シラサはね 一度 養生した個体のほうが 環境変化に強いので
最近は購入することにしたのよ
近所でいつでも大量に採集して確保できるけれど
保存性も初期の落ちがはげしく 養生も水槽が無いので中断


そのまま海水に入れたらショックが大きいので 一度海水の半分位の濃度に一度入れて
1時間後に海水に投入すると なんと ほとんど落ちないのよ
しばらくは白濁はするけど 数日で回復する 最短の時間で放り込む場合に良くする方法なんだ
あくまでも 自己責任で実行してもらわないとだめな方法だよ
またろ過が不十分だと 数日後 一緒にメインの魚ごと もって行かれる危険性もあるので
水の白濁にも注意してるの

時間をかけた方が 本当は安心だよ

メインタンクは イソギンポ 暴れん坊になりそう クリルを奪い取ってる
チヌくんからー  

隔離槽のオコゼ ムラソイは喧嘩はしない 餌には問題なさそう
ムラソイは、 ホワイトシュリンプ クリルに餌付いた

タツ君は 餌を 食べているのか不明
 活き餌を入れすぎて ストレスになっていたので多少隔離した
♂と思っていた個体 もしかして♀?

タツ君飼育には、某 専門サイトを拝見 参考にしてます

捕獲のヒントもそのサイトで頂いたのよ
 
リフジュウム水槽を セットアップ近々検討中
今のうちなら アマモが大量に漂ってるので根付かせ成長させるのも
比較的成功確率が上がるので
アマモは漂っていたら枯れてしまう海草だから藻場への負荷は無いし
無駄に枯らすよりは多少利用させてもらおう
ワラワラ状態を作ればタツ君飼育も楽になるし

間違っても生えてるのを抜くのは厳禁
自分で自分の首を絞めるのと同じ行為だからね

貴重な藻場を破壊したらねぇ





スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。