スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故だろう?

採集してきた
魚が1週間で よく落ちる
メバルなどは白点さえかからなければ 成長していただろうに
クジメも餌は食べた。 が、1週間ほどで落ちた
アミメハギも餌は食べた でも長くは持たない

今年 長く持ったのは いずれも 底砂無し フィルター無し
水温調整無しで エアレーション もしくは 水流ポンプのみの
間に合わせのシステムの時が大半だった



あまり作り上げたシステムでは持たないのだろうか

1ヶ月を乗り越えた魚は、ほぼ長期飼育の流れに乗る

変わったことでは アジの場合 一緒に餌になるかと 入れたボラが
弱って 傷だらけだったアジの体表を しつこく突付き 過剰に分泌していた粘液を食べていた
もちろん アジは嫌がって逃げ回っていた
普通なら ストレスで 落ちたはずなのに 逆に傷口も塞がり たびたびの擦り傷も
短期間で直り 状態も上がった
ほかの魚種も近い状態までは行った

今は チヌ ギンガメアジにも 同じ行動をする
嫌がって逃げてはいるが 状態が上向いてきている

ボラに、こんな治療の力があるのか わからないけれど
 4匹居るうちの 2尾のみ 突付きまわる状態がたびたび 見受けられ
更に、状態が上がるのは フシギフシギのアンコちゃん~

誰か 調べてレポートを、まとめてくれないかな

ホソソメワケベラなら数多くの文献もあるのでホスピタルフィッシュは納得できるんだけど

ボラは??? 


 
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。