スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が居るかな?

本日も大潮のため ホームグラウンドに突入

今年はタケノコメバルの姿をまったく見ない
チヌも寄り付きが悪い

その代わりに 
アルビノアゴハゼ2匹
カタクチイワシ 5尾捕獲
カタクチイワシが岸辺に打ち上がるほど接岸するのは珍しい
実際 岩場に乗り上がる個体が何尾も居た 年に1度見れるかどうかの現象だ

カタクチイワシは残念ながらすべて落ちた やはりイワシは難しい

成果
カサゴ 1尾 7cm
メバル 3尾 7cm
アルビノ アゴハゼ 2尾 3cm

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

こんにちは ケンシロウさん

イワシは捕獲から輸送時が一番肝でしょうね
一度 生簀での蓄養ができたら 多少は持ちこたえると思います
弱いけれど 強いのがイワシでしょうから

何万尾のイワシを活きたまま水族館に輸送する事も 可能みたいですし 
今回、一時的にも 家までは活きたまま 輸送できましたので

釣り餌のイカナゴも まだ活きていますが これも蓄養の後
水槽に入ったわけで まだまだイワシ飼育の可能性はありますね

No title

こんにちは。

ご無沙汰しております。
鰯の飼育は難しいようですね。
魚偏に弱って書くぐらいだから
難しいのかな?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。