スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お食事

魚たちのお食事事情

今 与えている餌だが 
配合飼料
シュアーS・M オメガワンマリンフレーク  ffnum07
冷凍餌
ホワイトシュリンプ(イサザアミ) 赤虫(カレイ稚魚用)
活き餌
シラサエビ (ブツエビ モロコが良いのだが冬春限定)
クモガニ 砂虫(掃除屋でもある)

チヌ・ベラ類・カワハギ類 ハゼ類はすべての餌を食べる

チヌはシラサを味わいながら咀嚼している
時々 底砂を掘り返し砂虫を捕食してる
シュアーなど沈降性の餌は 底砂に落ちたものをついばんでる事が多い

ベラ・ハゼは シラサを食べる場合 チヌの噛み砕いたエビを食べている

カワハギはおちょぼ口でかじり取りながら食べてる


デバは 配合飼料とホワイトシュリンプ


ギンポ類はホワイトシュリンプとチヌの噛み砕いたエビ


メバルはシラサエビとホワイトシュリンプ・オメガワン
配合飼料の中でもメバルの餌付きのダントツに良いのがオメガワンだ
http://kikumeishi.blog60.fc2.com/blog-entry-211.html
(最近はスポイトを使用していない) 

クロソイは まだシラサエビのみだ もう少し馴染めばホワイトシュリンプ 配合飼料を食べだすだろう

カサゴは サイズが小さいので モエビと一緒に隔離中(メインタンクではモエビを他の魚たちに根こそぎ食べられ カサゴに餌が回らない)
ホワイトシュリンプ・配合飼料に餌付け後 メインタンクに戻す予定


生体の種類 尾数が多いほど 餌付けの難易度が下がる傾向がある
早く食べなければ 後で食べられないと理解して  警戒心も緩むのだろう
 
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>わもんさん
遅くなりました


餌付けの大半は個体差に依存していますね

組合わせを極めるなんて永遠の課題ですね
個体差も水槽内の状況も常に変化しますので
その時の最善策の積み重ねですよ

No title

よく観察してらっしゃいますね~
種類、尾数が多いほど餌を食べやすいんですね。
そういえば大事に隔離して餌付けしても、一口も食べずにそのまま駄目になったりすることがありました。
先輩の真似で即食べたりすることもあったり、逆に威嚇されて餌にありつけなかいことがあったりと、数とか組み合わせって本当に重要だなと最近感じます。
なかなか極めるところまで行けません(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。