スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り少ない採集

今年も残り少ない採集可能日
だんだんと最低潮位の時間が暗闇の中になりだした
ライトに頼る採集は目が異常に疲れるので太陽の出ている時間のみ行動する

今回のターゲットはアキアミ
コウイカの餌確保だ

タモを動かしていると水面を跳ねるモノが出る事が有る 
この時期に遭遇すると大体はアキアミである 
相手は透明なので海中の姿は非常に見難いのだが危険を感じると水面を跳ねるので
非常に探しやすい習性をもっている

採集はすぐに必要量が取れメインの採集が終わる

残りは根魚類の定点チェック 魚の寄り付きの良い場所は決まっていて 採集のしやすい方向や潮位がある 深すぎてはすぐに逃げられるし 浅すぎてはその場には居ない

ちと深めだったのでほぼ惨敗
カサゴにハオコゼ アミメハギ ギンポ類等が少々これ以上キープする気が無いモノばかり
そんな中12cm位のソイが取れたのでキープして終了

メインタンクに入れる際にチェックすると 気持ち頭がへしゃくれている
んーと この感じは

ムラソイでもないし ましてクロソイとも違う

1年半ぶりの再会 タケノコメバル?

ちょっと大きいがメバル類の中でも成長が早いので 恐らく当歳魚だろう
これがメバルなら2歳から3歳なんだよね

隔離ケースに入れて収納したが どうしよう 普通にメインタンクに離すと 確実にデバスズメ メバルが食べられる サブタンクもコウイカ水槽だし行き場を探し中

汽水飼育が可能なので オヤニラミ・ウナギ水槽での飼育にしてしまおうかな


不明な稚魚は落ちる事無く 成長している タイのような気がするが まだ不明
餌は活き餌から配合飼料までなんでも食べる 典型的な雑食性だが

スポンサーサイト

comment

Secret

こんばんは

>わもんさん
これからは 寒風もありますし 魚種が限られますからね

冬は ヒメイカが採れ始めますよ 世界最小のイカですが活き餌に喰いつく獰猛さはイカですね
タモ採集は通算20年近くですので(⌒~⌒)運と感 経験値次第です
魚を目で見て追い掛けるのではなく
居そうな場所を予想し地形や状況を読み 網に招き入れる感じですね たまには目で追いかけての捕獲はありますが
基本 目隠しをしているのと変わりません
稚魚はまたアップしますね


>ケンシロウさん
やはり生息環境が直に見られることが 自家採集の醍醐味ですね
思いもよらない発見が尽きないです
定点採集で記録を付けていると 年間の状況や変化が想像出来ますし
様々な生体が入り
飼育にも反映しますね

No title

こんにちは。

自家採集も季節柄寒くなってきましたね。
自分で採取した魚が水槽を泳ぐってのもいいですね。

No title

キクメモドキさんでもそろそろ終わりですか?
寒くなったし風が吹くと結構しんどいですもんね(汗)

以前、南紀で腰までをタモ網で探ってる人に出会ったことがあったんですけど、潜らずにあっさり採ってしまう技術にはびっくりしましたよ。
僕にはまだどちらの技術もマスターできません(>_<)

タケノコメバル?の汽水飼育と、不明稚魚の経過を楽しみにしてます~^^

No title

潜りではないです
歩きですね タモを片手に腰ほどの深さまで行きます
意外と波打ち際に集まっているモノで干潮で濁りが立てば非常に高確率でひざ下でも捕獲できますよ 
満潮になると 潜り・釣りに分が出ますが 私には干潮時のタモ採集の方が楽で手っ取り早く確実なモノで<(`^´)>
もちのすけさんの腕には負けてますよ

No title

今回は釣りではなくて、潜りなんですか??
こいうのも楽しそうです!!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。