スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と

本日は日生にGO!

冬になり 身のたっぷり詰まったカキが大量に並んでいた
隣の加工場ではカキ打ちが忙しいのだろうね カキ殻を搬出するベルトコンベアの音が響いてくる

カキ飯 カキお好み焼き カキソフトクリーム

サワラの刺身等もあり 小腹も満たせる

ナマコも多い 残念ながら赤ナマコがほとんどない
タイにヒラメ コチは程よいサイズが多い
イイダコも多いね
シタビラメ ガザミはあいにく小さいモノばかりで唐揚げ 味噌汁向けかな

今回は飼育&食用に
オニオコゼ 
青ナマコ(マナマコ)
イイダコ
コチ

オニオコゼは2尾水槽に 1尾は甘辛くすき焼き風に煮付

ナマコ 水槽にデトリタス処理用に投入 かたい食味のナマコは苦手で 

イイタコ 普通に煮付 
てんぷら 唐揚げにするとむっちゃ美味しいが揚げ物調理の後始末が面倒で
仕事で使っていたフライヤーの便利さを覚えると 温度管理のやりにくい家庭では満足できなくて
イカ・タコ類は特に油の温度を一気に下げてしまうので 少量ずつ上げないとベト~ッと仕上がっちゃう

コチは頭 尻尾 中骨は 煮付 
身は3枚おろしで塩をして冷凍に 焼き物にしようかな




メインタンクの水質の方はぼちぼちなのかな?
なまこは溶けてないし 砂を食んでる
イイダコは 体色が白ボケしていないので そんなに悪くは無いかな




ハナミノカサゴも入れるので 水温を18度から23度に引き上げ様子を見ていたが

クジメは白ボケし危なかったのだが 帰宅すると☆に
最近、温度変化以前に 肌がざらついて調子を落としていたのも有る 
夏の猛暑で捕獲時に痩せていたのをなんとか丸々と持ち直したのに

メバルは半々 餌追いの変わらない個体と 白ボケし餌を食べない個体に分かれる
適水温15~18度辺りで 20度を超えると体色がシロっぽく変わり 食が細くなる

追記
 
あれ~?翌日には
白点がワサワサと 付いてる(/_;)
魚の体調と白点虫のバランスが崩れて もともと魚が体表で飼っていた白点虫が急成長 増殖だ

数度の温度変化に耐えられない環境という事だね
1/3換水もしたばかりだし
光は確保しているので

濾過の強化が必要だ
つい先日に上部濾過槽を手に入れても設置を試みるも
メインタンク設置に設計が対応していなくて…ほったらかしに…
改めて今回の濾過槽交換設置対応へのタイムラグは現状入れている半数の魚に致命的かも
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。