スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ混沌と

この数日で

アカハタ 1尾
マハタ 2尾
キジハタ 1尾
オオモンハタ 1尾
マダイ 1尾
が 落ちた

状態の落ちないのは
イエローコリス
オニオコゼ
ボラ

状態の安定しないのは
ハタ類 カサゴ類 タイなど 以前ではありえない魚種ばかり
何度もチャレンジしても 必ず落ちる
高い薬を何度も何種類も試したが 効いたのは最初の一回だけ 換水の頻度を上げても
遅かれ早かれ 落ちてゆく 

わずか1年間で99%以上の生体が白点病で落ちた もう500尾前後は殺した事になると思う

過去には稚魚を採取して 大きく育て 海に返していた、その繰り返しが、今は出来ない
そのときは 薬も使わなかった、換水も半年に一度リセット感覚ですべて水道水で洗い、すぐに生体を入れても死ななかった 採取時の状態の悪かった等の半数は落ちることもあったが 大半は倍以上に育った頃、もしくは水温上昇に耐えられない魚種を夏頃に 放流し新たに 採集導入を繰り返したのに・・・

今は、採取したら そのまま水槽で死んでしまう

何が違うのか、まだ判らない

ろ過装置? ストレス? 設置環境? 生体の組み合わせ?

 
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。