スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根釣行

アカメの餌確保
昨日正午ごろに現地到着
ハタ類の稚魚採集に実績のある場所にて釣り開始
まずは生簀のローリータンク200Lに海水を入れる 今回からは前回のバケツで注水をして水を撒き散らした失敗を踏まえバスポンプの大流量タイプ最高揚程3.5m+5mバスポンプ用ホース(折れ曲がり・つぶれに強い)を使用
楽にきれいに作業終了

1本針のエビ餌 探り釣りからスタート 片天秤仕掛けを使っていたが最終的に中通しオモリでの仕掛けがアタリが取りやすくバレにくかった 
鯛子にウマヅラハギ・ヒメジ・ネズッポ・アジ・フグ・ササノハベラ・カワハギ・シロギス・キジハタ・イッテンフエフキ・ハオコゼが釣れる
ハタには今まで見たことがない寄生虫が付いてる 水槽に入れての蔓延は防ぎたいので魚へのダメージが大きい事は覚悟の上に目視できる範囲ですべて取り除く、ヒジキ虫よりも短いのでイカリ虫のようだ
淡水性のイカリ虫より摂りつき部分が凶悪 足が倍ほどに大きいは食い込み部分が淡水型の3倍は強く広く深く食い込んでいる
ネットで調べると今までいなかった寄生虫だったが今年になり急に広く蔓延したらしい

サビキ釣りも並行してやる
アジ子・ウマヅラハギ・鯛子・スズメダイ・メバル・サヨリ・アイゴと釣れた
今回はアジ子がメインに釣れている アカアミを撒きながら一度仕掛けを底まで落とし仕掛けをたるませると高確率でアジが喰いついて来た 普段は表層から中層が多かったのだがサヨリが多かった影響かな?

かご投入 エビ餌を入れる
イシガニ ヤドカリ

持ち帰り
アジ子40尾 10~15cm
ウマツラハギ5尾 12cm
鯛子3尾 5~8cm
サヨリ3尾 18cm
キジハタ2尾 7cm 10cm
イッテンフエフキ2尾 7cm 9cm
ネズッポ 10cm
メバル 8cm
ヒメジ 11cm
シロギス 2尾 18cm

帰る前に 海水をほぼ全量換水 活性炭2袋投入 100Ⅴ電源エアレーション1台のみ 水流ポンプは今回使用せず
ライトを常時点灯して途中の点検をしやすくしてみた

シロギス以外すべて無事に水槽の中に入る
メインタンク
アジ子40尾 
ウマツラハギ4尾 
鯛子3尾 
サヨリ3尾 

サブタンク
キジハタ2尾 
イッテンフエフキ2尾 
ネズッポ 
メバル 
ヒメジ 
ウマツラハギ 
ヤドカリ2こ

サヨリ 翌日に全滅 活かして帰ることは可能だとわかった 後は釣りあげてからの扱いを丁寧にすれば多少は生き残るかも
ハタ 傷口は痛々しいがまだ生きてる

スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。