スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採取後の状態

アジ等採取後の持ち帰りの装備を一新した後の生存率の変化
以前は
クーラーボックス24L使用時 
10cmサイズ25尾 エアレーション分1L 中途換水10L 6時間がほぼ無事に持ち帰られる安全ライン

最大尾数移動時 10cmサイズ75尾 エアレーション分2L 中途換水20Lあり 酸素含有量増加補助剤使用 海水濃度2/3淡水希釈 活性炭2袋 
6時間後 生存40尾 1W後生存30尾

ローリータンク200L使用時
①一度バッカンに収納後 定期的にローリータンクに移し替え 海水120L最終入替後8時間
10cmサイズ110尾 エアレーション分2.5L 水流ポンプ使用 活性炭3袋 
水の白濁うっすらと白濁しだしていた
6時間後生存 100尾 1W後80尾 魚体の損傷多数 ひれの溶け裂けが目立つ


②直接ローリータンクに収納 10cmサイズ70尾 エアレーション分1.5L 活性炭2袋
水の白濁 無し
6時間後生存 70尾 1W後66尾 魚体ほぼ無傷


水流ポンプは使用しない方が魚体のダメージが少なかった
魚体のダメージを減らすために直接ローリータンクに収納
注水排水共にバスポンプを使用で バケツ注水よりもストレス軽減

車内スペースを犠牲にしても 水量と生簀スペースの広さを最大にとった結果 長距離移動での採取の可能性の限度をほぼ確認できた 

年内採取はあと一度の山陰方面鳥取 京都行き 計画で終了予定

 
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。