スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の遠征採集

ローリータンクを乗せて1泊2日の遠征
と言っても いつもの山陰遠征

1日目は小ダイ中心に カタクチイワシの6cmが入り込んでいる 合わせてサヨリの群れが回ってくる
アジはほとんど釣れない 底を探るとフグとネズッポの猛ラッシュ 
周りの状況も内湾の波止場なのに風が強く波も立ちもう面倒になる感じだ

一日目はキュウセン2尾 小ダイ10数尾 ハゼ1尾
夜は近場のスーパーや中古雑貨屋に行ってみるもお宝は無かった

二日目 朝になり釣り再開 近所に工事をしているのでダンプが集まる前に勝負
風も微風 波もない 小物の集まりも視認できる 明けまづめのいい感じにスタート



不発



フグと小ダイばかりで時間も過ぎ撤収 次のハタ類の捕獲最多実績地に行く

ローリータンクに海水を補充し 釣り再開 
多少フグも少ないが 大半はフグにネズッポが多い

オハグロベラ ササノハベラ キュウセン
カワハギ ウマヅラハギ 
シロギス フエダイ ヒメジ
アジ カタクチイワシ スズメダイ 等がぽつぽつと上がる
本命がいない

正午過ぎに移動

あまり期待はしていなかったが 釣果は少ないままも魚種は増えた感じに泳いでいる
なんとか本命が釣れ魚体を見ると お土産を付けている
頭頂部に4本 背部に4本 胸鰭付近に1本とイカリ虫が付いている 
その場で取り除くきれいに取れても付着部の傷は広がる  千切れたりもするが虫は卵は産めなくなるので連鎖は起こらないだろう
痛々しい姿になるが 傷は1ヶ月ほどで目立たなくなるだろう
都合5尾釣りあげ そのすべてにイカリ虫が付いていた もちろんその場で取り除く

結果は 持ちかえりのみで
カワハギ11cm 1尾 
ウマヅラハギ17cm 1尾
キュウセン17~20cm 3尾
ササノハベラ11cm 2尾
エソ 15cm 1尾
シロギス13~15cm 3尾
キジハタ 9~13Cm5尾
小ダイ 5~10cm 20尾
アジ 10cm 1尾
イトヒキハゼ 10cm 1尾
ヒメジ 13cm 1尾
ヒラ 14cm 1尾

本命のハタは予定どうりに採取完了 年ごとに採取できる種類が変わる場所だ
今までアオハタばかりだと思ったが 行く機会が増えてくるとマハタや キジハタと年ごとにつれてる種類が変化していた

ただ困ったことは今年のイカリ虫異常発生で 魚体への負担が増え ローリータンクなしでは無事に持ち帰られなくなった事だね




水槽へ投入後は シロギスは無事に生きて魚体も長期飼育可能に痛みは無かったが 5日でアカメに食べられた
ヒラも食べられた

その他は 活き餌も配合飼料もどちらも食べる 
ハタの傷口も虫の千切れた個所の盛り上がりは有るが炎症もなく ほぼ傷口は塞がった

水槽の換水500リットルを先日行い ぼちぼち落ち着いてる

餌の投入量が多いので ドルパまでには200リットル換水が必要だ
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
01 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。